bis

bis

Mote

Mote / 2021.10.02

男性からモテるデートの必勝法! 付き合う前は会う前後の気配りが成功の秘訣♡

好きな人とのデートを成功させたい、できれば告白されたいと思いますよね。デートのコツや必勝法を知っておけば、失敗をしたり恥をかいたりする不安は軽減できるでしょう。

そこで今回は、付き合う前のデートの必勝法と注意点を紹介します。

「次のデートで告白されたい!」と思う女性は、彼と会う前後にも気配りを忘れないでくださいね♡

デート 必勝法
Instagram@jam___pam

 

好きな彼とのデートを成功させる必勝法とコツ

付き合う前段階のデートは、必勝法を知っておくだけでも緊張感が和らぐでしょう。

まずは、好きな彼とのデートを成功させるコツを紹介します。

 

①デートの前日から会うことが楽しみだと伝える

デートの前日、LINEで「明日は楽しみだね」と伝えると好印象につながるでしょう。男性に「自分と会えることが楽しみなんだ」と思わせれば、さりげなく好意を伝えられます。

デートの前からお互いにいい関係だと知ることで、今以上に関係が進展するかもしれません♡

 

②好きな彼が告白ができそうなチャンスをつくる

彼から告白してもらいたいときは、あなたからチャンスをつくってあげることも、デートを成功させるコツのひとつです。

・時間を気にしなくてもよい、雰囲気が素敵なお店や場所でデートをする
・「◯◯くんは素敵な人だよね」と褒めて告白につながりやすくする
・「好きな人はいないの?」と聞いて告白しやすい空気にする

告白をしやすい、好意が伝わりやすいアクションをすることで「告白してほしい」という気持ちが伝えられるでしょう。

 

③ふたりきりの時間を楽しめるデートを計画する

楽しいデートとはいえ、人が多い場所ではドキドキ感がないですよね。いい雰囲気になりたいのであれば、ふたりきりの時間・空間を楽しめるデートを計画しましょう。

・完全個室の飲食店を予約しておく
・ドライブデートでふたりきりの時間を長くつくる
・夜景や海が見える場所など、周囲の声が聞こえづらい屋外へ行く

お互いに本音を話しやすく、他人を気にしなくてもよいデートスポットがおすすめです。

 

④さりげなく彼との距離をつめてドキッとさせる♡

ダイレクトに彼をドキッとさせたいなら、さりげなく彼との距離をつめてみましょう。

彼もあなたに好意がありそうなときは、近づいたりボディタッチをしたりしても嫌がらないはずです。

脈ありサインを送ることができるため、なかなか告白されないときのデートの必勝法としておすすめです♡

 

⑤計画が狂ってもデートが楽しくなるようなアイデアを出す

悪天候、行きたかったお店が臨時休業、渋滞に巻き込まれるなど、デート中にトラブルが起こることもあるでしょう。付き合う前のデートだと、どう対処することがベストなのか迷いますよね。

悪天候やお店の臨時休業の場合、そこで立ち止まるのではなく「じゃあ◯◯に行ってみない?」「こういうときもあるよね!」と前向きなアイデアを出すとよいでしょう。

臨機応変に行動して、彼へのフォローを忘れないことがデートの必勝法。計画が狂っても不機嫌になる、口数が減るような態度は絶対にNGです。

 

好きな彼とのデートで気をつけたいポイント

コツや必勝法ばかりを見ていると「やってはいけないこと」まで配慮できないことも少なくありません。

好きな彼とのデートを成功させるためには、気をつけたいポイントにも注目しましょう。

 

①個人的な事情の遅刻は厳禁!

寝坊や電車に乗り遅れるなど、個人的な都合の遅刻は厳禁です。思いもよらない事故など仕方がないことでない場合、遅刻は計画が崩れたり気持ちが乱れたりしてしまいます。

待ち合わせをするデートなら、遅刻するよりも早く到着するほうがいいでしょう。

 

②デートで避けるべき場所や話題をチェックしておく

まだお互いをあまり知らない段階では、デートで避けるべき場所や話題にも注目してみてください。

・ふたりきりの密室になるカラオケ
・ファミレスや居酒屋などガヤガヤした場所
・デイキャンプ、登山、大人数でバーベキューなどのアウトドア

このようなデートは、落ち着いてコミュニケーションがとれず気まずくなる可能性が高いでしょう。もし誘われたとしても、失敗しないためには断ったほうが無難です。

 

付き合う前のデートで避けるべき話題はこちら。

・下ネタ
・政治的な話題
・昔の恋愛について
・仕事や人間関係の愚痴
・家族や友人など知らない人の話

基本的には盛り上がりに欠ける話題です。話がつまらない女性という印象を与えないことも、気をつけたいポイントです。

 

③付き合う前なのに求めすぎるのはNG

まだ付き合っていない段階で「迎えにきてほしい」「おごってほしい」といった甘えるような行動はNGです。

付き合う前からわがままな態度を見せていては、彼はがっかりするかも。しかし、彼から「迎えに行くよ」と言われたときは、素直に甘えることがベストです。

 

④デートの行き先次第でファッションを決める

デートの必勝法として、最高のおしゃれをする女性は多いでしょう。可愛く見える服、スタイルがよく見える服を選ぶことも大切ですが、服を選ぶときはデートの行き先で決めることも忘れないでくださいね。

観光地や水族館など、歩く時間が多いデートであれば、ヒールよりもスニーカーを選びましょう。足が痛くてデートが中断すれば、お互いに気を遣ってしまいます。

デートの行き先が決まっているときは、TPOや行動に合わせた服選びがポイントです。

 

⑤ベタベタしすぎると彼が引いてしまうので要注意

脈ありサインを送る、彼をドキドキさせる目的で、過剰なボディタッチをする女性もいますがこれは逆効果。付き合う前からベタベタしていると、「体の関係をもちたいの?」と彼を勘違いさせるかもしれません。

さりげなく距離をつめる、軽くボディタッチをする程度にとどめて、下品に見える行動は控えましょう。

 

次のデートにつなげるために覚えておきたいコツ

今回のデートで告白をされなくても、次のデートができればより親しくなれる可能性は十分にあるでしょう。次回のデートにつなげるためのコツをふたつ紹介します。

 

①お礼のLINEは帰宅後すぐに伝える

デートから帰宅したら、早めにお礼を伝えましょう。疲れているからと翌朝LINEするケースもありますが、すぐにお礼を伝えればLINEがこない夜の間、彼は「嫌われたのかな?」と不安を抱くこともあるでしょう。

お礼や楽しかった感想を伝えるとともに「無事に帰ったらLINEしてね」と、気遣いの一言を添えておくと好印象です。

 

②できるだけ早い段階で次のデートのお誘いをする

彼からデートの誘いを待つのではなく、次のデートの行き先や日時を自分から提案してみましょう。

次のデートまで期間を空けすぎると、ドキドキ感がなくなる、ほかの女性とデートをする可能性も出てくるため、できるだけ早めに会うことをおすすめします。

離れている時間は関係が切れないように、ほどよくLINEで連絡を取り合うことも、必勝法の一つとして覚えておきましょう。

 

付き合う前のデートは笑顔と気遣いが必勝法!

付き合う前の段階では、不意に見せる言動が本音を見抜くポイントになります。男性はあなたの何気ない行動を見て「自分のことを好きなのか?」とチェックをしているでしょう。

だからこそ、自然に出る笑顔や気遣いがデートの必勝法になるため、自分をよく見せすぎないことも大切です。

あわせて読む

初デートの時間はどれくらいの長さがいい? 昼デートと夜デートのメリットも解説

告白をするタイミングはいつ? 女性から気持ちを伝えるときに覚えておきたいこと

大学生のデート事情。初デート・予算・場所などリアルなカップル事情を解説

Text_Ayumi