bis

bis

Mote

Mote / 2021.05.24

LINEがそっけない理由|男性に多い返信例・男性心理と対処法を解説

好きな男性のLINEがそっけないと、やりとりをしていても楽しくなく、好意がないのかとかなしくなりますよね。

ただ、急にLINEがそっけなくなったときは、脈ありで好き避けをしている可能性もあります。

そこで今回は、そっけないLINEのパターンと男性心理、対処法を紹介します。

 

line そっけない
Instagram@megu.03_03

 

そっけないLINEの内容・パターンとは?

そっけないLINEとは、どのような文章なのでしょうか。女性がそっけないと感じる、男性のLINEを紹介します。

 

①「そうなんだ」「わからない」だけの冷たい返事

「今日は◯◯があったよ」「××に興味ってある?」のように報告や質問をするLINEで、そうなんだ・わからない・へえといった冷たい返事をされるときは、そっけない対応です。

この返事がある時点で会話がストップするため、LINEは盛り上がりません。しかし、そっけない彼が悪いのではなく、会話が無意味なものであったりつまらなかったりするパターンも考えられます。

 

②LINEスタンプひとつで終了

冷たい返事と同様に、報告や質問に対してLINEスタンプひとつで返事を終わらせることも、そっけない対応のひとつです。

文字が入っているスタンプや、OKやNGなど言葉にしなくても意思が伝わるスタンプは多いものの、スタンプだけの返信だと会話のキャッチボールになりません。

 

③事務的な文章で返信

「そうなんだ!すごいね」
「いつか一緒に行けたら行こうね」
「楽しそうだね、うらやましい」

このように、まるでコピペのような事務的な文章もそっけないLINEです。一見、きちんと返信をしてくれているように見えますが、心がこもっていないようにも感じます。

興味がない、とりあえず返信をしているだけとバレるようなLINEは楽しくないでしょう。

 

④既読スルー・未読スルー

既読・未読に限らず、あなたが送信したLINEをスルーされていることも、そっけないLINEのひとつです。

スルーをする理由は不明ですが、無視はとてもつらいもの。コミュニケーションがとれないとどう対処してよいのかわからず、悲しくなってしまいます。

 

⑤いつも返事が遅い

明らかに毎回返事が遅い、夕方や夜に送信したLINEの返事が、次の日や朝にくるときもそっけないと感じます。

LINEの内容は普通ですが、あまりにも返信までの時間が空くと、LINEをしたくないのか、興味を抱いてくれていないのかと不安になるでしょう。

 

そっけないLINEを送る男性心理

男性はなぜ、女性にそっけないLINEを送信するのでしょうか。考えられる5つの男性心理と理由を紹介します。

 

①好意を抱いていない

そっけないLINEに多いパターンは、LINEの相手である女性に興味がないからです。

異性として見ていない、付き合う意思がないため、LINEに時間をかけたくない、自分のことをあまり話したくないという男性心理が考えられます。

いつLINEをしても、同じような返事だったり毎回そっけなかったりするときは、この理由が考えられるでしょう。

 

②忙しくてLINEどころではない

脈あり・脈なしに関係なく、忙しいときやスマホを見られないときは、どうしてもLINEがそっけなくなりがちです。

まれにそっけない返事がくるときは、忙しいのかもしれません。朝の早い時間や勤務中のLINEを控えると、そっけない返事は少なくなるでしょう。

 

③返信の内容に迷いそっけなくなった

女性とのLINEに慣れていない、内容が難しく返信に迷ってしまったときに送信したLINEが、そっけなくなったことも考えられます。

女性から急に、想像していなかったLINEが送られたり、あまり言いたくないことを聞かれたりしたときは、そっけなくなることもあります。

 

④そもそもLINEが好きではない

LINEを始めた当初からそっけない返事しかこないときは、LINEでのやりとりが苦手という可能性もあるでしょう。

LINEは便利なツールですが、便利ゆえに通知がうるさい、すぐに返事をしなければならないプレッシャーがあるなど敬遠する人もいます。

あまりLINEが好き・得意ではなさそうなら、無理にLINEを送信しないほうがいいかもしれませんね。

 

⑤急にそっけない態度をとるのは好き避けの可能性

少し前まで普通にLINEをしていたのに、ある日から急にそっけなくなったときは、好き避けの可能性があります。

好き避けとは、好きなのにも関わらず照れや自信のなさから、思わず避けてしまうこと。LINEでもうまく返事ができない男性に考えられます。

 

男性の好き避けの特徴は、この記事をチェック♡

好き避けする男性の本音! 好きなのに避ける理由と嫌い避けとの違いを解説

そっけないLINEが送信されたときの対処法と注意点

好きな男性からそっけないLINEが送信されたとき、どう対処すればよいのでしょうか。そっけない理由を探りながら、LINEのやりとりを進めることがポイントです。

 

①後日LINEを送信したときの反応を見る

一度LINEがそっけなかったからといって、すぐに脈なしだと判断するのは早とちりです。

LINEを送信したとき、たまたま忙しかっただけかもしれません。後日LINEを送信して様子をうかがいましょう。

 

②LINEの頻度・時間・内容を見直す

毎回LINEがそっけないときは、以下のポイントをチェックしてみてください。

・返事がこない間に何度もLINEを送信していないか
・LINEを送信する時間が相手の生活リズムに合っているか
・返信しにくい内容のLINEを送信していないか

LINEをしつこく送信されると、気になる異性が相手でも威圧感を覚えます。送信したLINEを見返して、男性が返信しづらくないか、そっけない返事になる内容ではないか確認してみてください。

 

③「そっけないね」と言わない

あまりにもLINEがそっけないからといって、男性に「そっけないね」と言ってしまうことはNGです。

そっけないと言われると「そのようなつもりはない」と不快にさせることもあれば、そっけなさがバレたと気まずくなるケースもあります。

いずれにしても、そっけないと言われても男性は何もできないため、心の中にとどめておきましょう。

 

LINEがそっけない理由を探って対処しよう

男性のLINEがそっけない理由は、脈なし、もしくはそっけない返事しかできない内容だからです。男性の返信がそっけないと感じたときの対処法は、今一度LINEの内容を見返してみることです。

また、急にLINEがそっけなくなったときは好き避けの可能性もあります。どこかよそよそしさを感じたときは、LINEではなく対面での会話で、表情や話し方を見てさらに男性心理を探ってみてくださいね。

Text_Ayumi