bis

bis

Mote

Mote / 2021.05.27

失恋から立ち直る5つの方法|彼を忘れるためにやってはいけないことも解説

失恋は本当につらく、自分の苦しみや悲しみはなかなか他人に理解してもらえません。

「時間が経てば大丈夫」とわかっていても、今この瞬間がつらく、ただ落ち込むことしかできないですよね。

そこで今回は、失恋から立ち直る方法と注意点を紹介します。この記事を読んでいるなら、あなたはすでに失恋から立ち直ることに前向きになっているはず。失恋のつらさも、すぐに解決できるでしょう。

 

失恋 立ち直る
Instagram@__neinei__

 

失恋は何度経験をしても慣れないもの

人生における悩みごとや失敗は、経験を重ねるたびに強くなり、ちょっとのことでは動じなくなるものです。しかし、恋愛における失敗や失恋は、何度経験しても胸が苦しくなります。

失恋を経験すると「こんなことで立ち直れないなんて情けない……」と落ち込むかもしれませんが、恋愛経験があるなら誰でも失恋のつらさを知っているはずです。

立ち直れないからだめ、いい女ではないとネガティブにならなくても大丈夫! マイペースに失恋から立ち直っていきましょう。

 

失恋から立ち直る方法

まずは、失恋から立ち直る方法を紹介します。どの方法でも、実践してすぐに立ち直れるわけではありませんが、失恋を忘れやすくなるでしょう。

 

①話を聞いてもらう

あなたを理解してくれている友人などに、とことん話を聞いてもらうことがひとつの方法です。

「話しても意味がない」「話せるほど元気はない」と思うものですが、話してみるととてもすっきりします。

心を許せる友人がいないときは、TwitterなどのSNSで思いを吐き出してみるのもよいでしょう。ただ、フォロワーを過度に不安にさせる、個人を特定できる情報を書いてはいけません。

 

②彼を思い出すものを捨てる

プレゼント、写真、おそろいのグッズなど、彼を思い出すものは、思い切って捨ててしまいましょう。彼を思い出すものが少しでも目に入れば、思い出が蘇り心が苦しくなります。

思い切って捨ててしまったほうが、失恋から立ち直るスピードが早くなります。

高価なものや捨てられないものは、フリマアプリやリサイクルショップで売ることも検討してみてください。

 

③贅沢をしてみる

高級なランチやディナー、ひとり旅、アクセサリーやバッグを買うなど、失恋を期にいつもより贅沢をしてみるのもよいでしょう。

欲しくないものを衝動買いするのではなく、心から欲しかったもの、体験してみたかったことにお金を使い、失恋を忘れられるほどに楽しんでみてください。

つらい今の時期でも、楽しくて有意義な気持ちに変えられるかもしれません♡

 

④仕事や趣味に集中する

失恋がつらく立ち直れないときは、ふとした瞬間に胸が苦しくなりますよね。このふとした瞬間が訪れないように、仕事や趣味に集中してみましょう。

仕事では、よりクオリティを高く仕上げるための作業をしたり、断っていた仕事も挑戦してみたりと、いつもとは違う取り組み方をすれば、意外と失恋を忘れられます。

趣味では、寝る時間を惜しむほど没頭する、とにかく体を動かして心地よく疲れるなど、恋愛や失恋が頭をよぎらないほどに、あえて自分を追い込んでみるのもよさそうです。

 

⑤とことん泣く・落ち込む

誰とも会いたくない、仕事も趣味も集中できない……。失恋がつらくて何もできない人は、今の状況を受け入れてとことん泣いてみてください。

泣くことは情けないと感じるかもしれませんが、涙が出ないほどに泣いてしまえば、少し心がすっきりします。

ただ涙を流すだけではなく、あえて声を出して泣く、泣き疲れて眠ると、心が楽になっているかもしれません。「失恋は時間が解決してくれる」と思いながら、泣いてみてください。

 

失恋を引きずらないほうがよい理由

悩んでいるときは「もう失恋から立ち直れないかも」と最悪な気分になりますが、失恋を引きずっていてもよいことはありません。

できるだけ早く失恋から立ち直るためには、今の状態から抜け出したほうがよい理由を知っておきましょう。

 

①大切なことを逃してしまう

いつまでも失恋を引きずっていると、時間を無駄にするとともに、大切なことを見逃してしまいます。

・期間限定のイベント
・友達との約束
・新たな異性との出会い

これらのことを見逃して、失恋から立ち直ったあとに「あのとき◯◯をしておけばよかった!」と後悔するかもしれません。泣いているときも、楽しんでいるときも、同じだけの時間が流れます。

それなら、楽しいこと、新しい挑戦のために時間を使うほうがいいですよね♡

 

②周囲の人が気を遣う

落ち込んでいる本人は、失恋のつらさで気づきませんが、失恋で落ち込む姿はとても暗く見えます。話しかけないで、恋愛に関する話はしないでというオーラを放つため周囲は気を遣います。

周囲に気を遣わせたくない、心配されたくないのなら、できるだけ早く前向きになりましょう!

 

失恋から立ち直るときにやってはいけないこと

失恋をしたとき、そのつらさを忘れるために自暴自棄になる人もいます。それでは、根本から失恋から立ち直っているわけではなく、余計に傷ついてしまうだけです。

失恋から立ち直るとき、どのようなことをやってはいけないのでしょうか。

 

①暴飲暴食や衝動買いでは立ち直れない

失恋のつらさで自暴自棄になり、暴飲暴食をしたり、支払いが困難になるほどお金を使ったりする人もいます。

食べたり飲んだりしているとき、商品を手に入れた瞬間は、高揚感で失恋を忘れられますが、これは立ち直ったのではなく紛らわしているだけです。

満腹になったあとや商品を手に入れて少し時間が経てば、後悔の念が押し寄せます。特に暴飲暴食は、回数を重ねるほどに太る可能性があり、失恋と二重のつらさもあるため要注意です。

 

②好きだった彼に連絡をしない

失恋から立ち直れず、彼に連絡をして返事をもらおうとする、または「復縁できるかもしれない」というわずかな可能性にかけてLINEをする人もいますが、よい結果にはなりません。

あなたが彼にふられた立場なら、万が一の可能性にかけた復縁は叶わないでしょう。

もしあなたが彼をふった立場で連絡をしたのなら、彼としては心境が複雑です。彼からは、ふったのなら連絡をするな、連絡をしてくるなら別れを告げるなと思われてしまいます。

 

③男性と関係をもつことはNG

失恋で立ち直れないとき、つい男性に頼りがちな人もいます。男性と関係をもって、一瞬だけでもつらさから逃れようとしますが、暴飲暴食や衝動買いと同じように根本的な解決方法とはいえません。

さらに男性と関係をもつことは、あまり人には言えないネガティブな行為です。失恋でも負けない強い心を養うためには、やめたほうがよいでしょう。

 

失恋から立ち直るきっかけを見つけよう!

失恋は、人生の中でも特につらいことです。同じ失恋であっても、人それぞれ境遇や失恋までの道のりが違うため、この失恋はあなただけが知るつらい経験になります。

失恋をしてすぐに立ち直れないのは、当たり前のこと。自暴自棄にならず心を前向きにして、根本から少しずつ立ち直っていきましょう!

あわせて読む

熱しやすく冷めやすい女性の恋愛事情! 特徴と問題点を解説

振った後の男の心理とは? 諦められない片思いを実らせる4つの方法

冷却期間の経過で男性心理は変わる! 彼の心を理解すれば復縁のチャンスあり

Text_Ayumi