bis

bis

Mote

Mote / 2020.02.02

付き合ってないのに嫉妬する男の真意は? 男性心理を徹底解説

 

付き合ってないのに嫉妬する男性っていますよね。

 

女子的には、面倒くさかったり、ちょっと嬉しかったり……。相手との関係性によって気持ちは変わってきます。

 

しかしどちらにせよ、相手の真意は知りたいもの。そこで今回は、付き合ってないのに嫉妬する男性心理について解説します。

 

ヤキモチ妬き男性に悩まされている方々必見!

 

 

付き合ってないのに嫉妬する男性心理とは

 

付き合ってないのに嫉妬をしてくる男性は、あなたのことが好きである可能性が非常に高いです。

 

そして独占欲が強く、嫉妬深い男性ほど、付き合ってないのに嫉妬してきます。お付き合いに発展したとしても、彼の嫉妬に悩まされることは覚悟したほうがよさそうですね。

 

嫉妬のように見えて嫉妬でない可能性もあります。それは「心配」している可能性です。妹のように思っていたり、仲の良い友達であったりする場合、変な男と付き合っていることが心配になってしまうんですね。

 

また勘違い野郎の可能性もなきにしもあらず。この場合、あなたのイライラの元となっているかもしれません。

 

次からは詳しくタイプ別にご紹介します!

 

 

(1)ほかの男にとられたくない

 

あなたにほかの男の影が見えて、不安で不安でたまらない。すなわち、あなたのことが好きでたまらないわけですね!

 

自分への自信のなさから、嫉妬心が湧き上がるタイプのこの彼。もちろん独占欲も強いです。

 

ヤキモチを妬かせすぎると、そっぽを向かれてしまうこともあるので、嫉妬を煽るのは控えめに。素直になるのがいちばんです。

 

 

(2)好かれていたい

 

 

あなたからいちばん好かれていたいから、ヤキモチを妬くタイプの男性もいます。

 

このパターンの場合、自分のことを好きでいてほしい気持ちが強いため、あなたのことを好きだとは限りません。あなたが自分を好きでいてくれることに酔っているのです。

 

理由はあなたからの愛情があることに慢心しているから。アピールしすぎの可能性もあるので、ちょっと引いてみるとよい薬にかるかも。

 

中にはただの勘違い男も存在します。調子に乗らせたくないなら、無視しておくのが無難です。

 

 

(3)ほかの男がチヤホヤされているのが気に食わない

 

女子グループの中でも、ほかの女の子が褒められていると、嫌な顔をする人っていませんか?

 

男性の中にも、そんなタイプが存在しています。自分が話題の中心でないと嫌な、わがままタイプですね。

 

だいたい面倒くさい男であることが多いので、できるだけ距離をおきたいものです。

 

 

(4)変な男に引っかかっているのが心配

 

 

仲のよい男友達や兄のような存在の男性。そんな男性がヤキモチを妬く場合、それはもしかしたら「心配」の可能性も。

 

「その男、本当に大丈夫?」このようなニュアンスの場合は、嫉妬でなく心配の可能性が高いですよ。

 

距離が近いようで遠いのがこのタイプ。恋愛モードにもっていくには、多くの時間を要しそうです。

 

 

付き合ってないのに嫉妬されたとき、恋愛に繋げる方法は

 

嫉妬してくる彼が好きな場合、なんとかこのヤキモチも、恋愛に繋げたいものです。彼からの嫉妬にうまく対処すれば、恋に発展することはもちろんありますよ!

 

とられそうになると、取り返したくなるのが男性心理です。ですから、「ほかの男性のところに行っちゃうかも……」と匂わせたほうが、彼は躍起になるかもしれません。

 

 

嫉妬が迷惑な場合は?

 

逆に嫉妬されるのが迷惑な場合は、無視することがいちばんです。またしつこい場合には、はっきり迷惑だと伝えることも大切。

 

プライドが高い男性だと逆上が怖いので、うまくかわしたいものです。そんな男性相手の場合、自分に幻滅させるというのも一つの手。

 

自分の株が下がるのは嫌ですが、無用なトラブルは避けたいですからね!

 

 

付き合ってないのに嫉妬されると、複雑な気持ちになるものですよね。

 

迷惑な人は遠ざけたいですし、好きな人ならもちろん恋愛に繋げたいもの。

 

うまく対処して、自分の望む関係性を作りたいですね!

 

Text・Edit_Kanato Suzaku