bis

bis

Mote

Mote / 2022.04.01

男性が女性に奢る心理とは。奢られたら脈あり? 好印象な奢られ方も解説♡

男性に奢ってもらうと、恐縮してしまう反面、どんな気持ちで奢ってくれたのか気になりますよね。

今回は、男性が女性に奢る心理を紹介します。

また、シチュエーション別の脈ありサインや、女性が奢られるときに心得ておきたい好印象な言動も解説しています。

 

男性 奢る 心理 photo:@miraney3

付き合ってないのに男性が奢ってくれるのはなぜ?

デートや食事で、男性に奢ってもらった経験がある女性は多いのではないでしょうか。

食事代や映画代など決して安くはない金額を負担してくれると、なぜ奢ってくれたのか理由を知りたくなりますよね。

実はそこには、よい理由だけではなく悪い意味が含まれていることも……。

男性が女性に奢る心理を紹介します。

 

好意がある

彼があなたに好意を抱いている場合、楽しい時間を過ごせたことへの感謝のしるしとして奢ってくれる男性もいます。

割り勘をすれば数千円でも、ふたり分の食事代やデート代を全額奢る場合、男性側の負担はかなり大きくなります。

大きな金額を払ってでも、彼があなたと一緒にいたいと感じてくれているということ。

あなたとの時間を特別なものだと思っているからこそ、奢ってくれているのでしょう。

 

男性が奢るのが当たり前だと思っている

なんとなく、年上が年下に、男性が女性の分も、奢るといった暗黙の了解がありますよね。

これは昔から「男性は外でお金を稼ぎ女性を金銭面で支える、女性は家で家事や育児をする」文化が日本にあったためと考えられています。

現在は男女関係なく働きますし、男女どちらが奢らなければならないといった暗黙の了解もなくなってきています。

しかし、根づいた文化のなごりで彼が「男性は女性に奢るものだ」と考えているケースもあります。

この場合は、あなたへの好意は関係なく「あなたが女性であるから奢った」と考えるべきでしょう。

 

恰好をつけたい

あなたに、気前のよい人だと思われたいがために奢るパターンもあります。

もしくは、あなたに好意があるかどうかは別として、ケチな男だと思われてしまうのが嫌で奢ってくれる男性もいるでしょう。

また、店員さんに割り勘しているところを見られるのが恥ずかしいなどのケースも。

いずれにしても、あなたや周囲の人にダサいと思われたくない、恰好いいところを見せたいという理由で奢る男性は少なくありません。

 

割り勘が面倒くさい

女性と会計に関わる会話をするのが面倒くさいと考える男性もいます。

口下手な彼や寡黙な彼など、あまりコミュニケーションが得意でない男性に多いケースです。

このタイプの男性は、いざ会計の場面になったとき、「払うよ」「いや! 私も払うよ」などの話し合いになるのが苦手。

こういった会話を避けたくて先に支払いを済ませてくれていたり、サッと財布を出してくれたりします。

この場合、彼が奢ってくれるのはあなたに好意があるからというよりは、「会話が面倒だから」というのが理由になるでしょう。

 

優位に立ちたい

なかには奢ることで、女性よりも優位に立ちたいと考える男性もいます。

負けず嫌いでプライドが高い男性に多く、極端にいうと奢ることで女性よりも強く出られると思っているタイプです。

奢ったことを自慢げに話してきたり、「奢ってあげたんだからいいでしょ」などと体に触ろうとしてきたりする男性もいるので要注意。

下心があって、奢ることで断れないようにするパターンもあります。

気になる彼のことは信じたいですが、「奢り」を何度も強調してくるそぶりがあれば気をつけて。

 

男性が奢るシチュエーションでわかる「脈あり」サイン

男性が女性に奢ってくれるシチュエーションには、さまざまなものがありますよね。

彼の年齢や奢ってくれる金額などによっても、脈ありなのかどうかが変わります。

脈ありと脈なしパターンそれぞれを紹介します。

 

【脈あり】年下男性や後輩が奢ってくれる

あなたよりも年下の男性が奢ってくれるのは、脈ありケース♡

特にデート代やディナー代を奢ってくれるのは、あなたと対等に付き合いたい気持ちのあらわれだともいえます。

ほかにもかっこいいと思われたい、プライドを保ちたいということなので、あなたに好意があると考えてよいでしょう。

 

【脈あり】全額奢り&奢りの頻度が高い

デートしたり食事に行ったりするたびに、高い頻度で奢ってくれる場合は脈あり♡

特にデートにかかるお金を全額出してくれるのは、彼があなたにコストをかけてもかまわない、コストをかけたいと考えているのでしょう。

彼はあなたに好意があるからこそ、あなたとの時間にお金をかけてくれています。

 

【脈なし】ジュースを奢ってくれる

ジュースや安めのお菓子などを奢ってくれる場合は、コミュニケーションを目的としていることがほとんど。

休憩中にちょっと話したい、気軽に会話を楽しみたいときなどに、ジュースやお菓子をきっかけにして話しかける男性は多いようです。

ただ、少額であっても興味のない相手にはお金をかけないはずなので、あなたに人としての好意を抱いていることは確か。

何げない会話からデートに誘おうと考えているケースもあるかもしれません。

 

【脈なし】平日にランチを奢ってくれる

男性が会社の昼休みにランチを奢ってくれるのは、部下や後輩の食事代を出してあげる、といった意味合いが強いです。

一緒にランチを食べたからまとめて会計を済ませてくれただけであって、特別な理由がないことも多いでしょう。

異性としてアプローチしたい相手にはランチよりもディナーを奢ったり、デートに誘ったりするのが一般的。

彼の気持ちがよくわからないときは、あなたからディナーに誘ってみるのもおすすめ!

 

奢られるときに好印象な女性の言動

奢ってもらうときに当たり前の顔をしていたら、男性も次回のデートに誘いにくくなってしまいます。

奢ってもらえることに慣れすぎてしまうと、ずうずうしいと思われかねません。

以下の行動でさりげなく好感度をアップしましょう。

 

感謝の気持ちを必ず伝える

どんなシチュエーションであっても、男性にお金を出してもらったら必ずお礼を伝えることが大切です。

いくら安いものであっても「奢られて当然」という態度が透けて見えていると彼をがっかりさせてしまいますよ。

「ありがとうございました」「ごちそうさまでした」は必須。

できれば帰宅後にLINEでも再度感謝を伝えるとより好印象です。

 

払う気持ちがあることを示す

彼が「奢るよ」と言ってくれても、「私も払うよ」といって財布を出すのがベター。

男性が奢ってくれることがわかっていても、払う意思を見せるかどうかでその後の印象が変わります。

奢られるのが当たり前だと思っていないことが彼にも伝わりますし、しっかりした女性のイメージをもってもらいやすくなります。

あなたが席をはずしている間に彼が支払いを済ませてくれていた場合も同じで、「いくらだった? 私も払うね」とひとこと確認しましょう。

 

お店を出てからお金を渡す

お店のレジ前で「割り勘にしよう」「私も払う」などというと、彼が恥ずかしい思いをしてしまうことも。

あなたから支払いを申し出ても、彼が「大丈夫だから」といって譲ってくれないことがありますよね。

そんなときは無理に割り勘にしようとせず、お店では彼に払ってもらいましょう。

どうしてもお金を受け取ってもらいたい場合はお店を出てから渡すか、帰り際にポチ袋に入れて渡すと好印象です。

 

少額のものを自分から奢る

たとえば食事代を彼に奢ってもらった場合は、次に行くカフェのドリンク代はあなたが出すなどがおすすめ。

「さっきは払ってもらったから、今度は私の番ね」といえば、押しつけがましくならずに済みます。

高額なディナーだと彼も恐縮してしまいますが、少額のドリンクくらいなら気兼ねなく受け取ってくれるのではないでしょうか。

 

男性が奢るのは必ずしも「脈あり」ではない!

男性が女性に奢ってくれる理由は好意があるだけではなく、恰好をつけたかったり、下心が隠されていたりする場合もあります。

あなたのことが気になっているからこそ奢ってくれる男性もいますが、すべてのケースで脈ありというわけではありません。

いずれにしても奢ってもらう機会があれば必ずお礼を伝えるのが、好印象をもってもらう鉄則!

いざというときのためにも、奢られるときのマナーを知っておいてくださいね♡

 

Text_Akane