bis

bis

Mote

Mote / 2022.10.05

蛙化現象とは?なりやすい人の特徴・原因と治し方を解説

蛙化現象とは、片思い中の相手に好かれると、相手に冷めたり、気持ち悪さを感じたりする心理状態を指します。せっかく両思いになったのに、嫌悪感を抱くといった不思議な感情の変化で、自分でも理解できていない人がいるかもしれません。

蛙化現象の原因を少しずつ紐解いていくと、治し方も見つかる可能性があります。

❤ この記事からわかること ❤

・蛙化現象によって起こる感情の変化
・蛙化現象に陥りやすい人診断
・蛙化現象の治し方

 

蛙化現象
photo:@kurumi_1216_

 

蛙化現象とは? 意味と読み方

蛙化現象(かえるかげんしょう)とは、片思いをしている相手に好かれると、嫌悪感を抱いてしまう心理状態のことです。

片思いをしているときは、男性のことが好きで毎日考えているほどであっても、両思いになり付き合うと、好意がなくなってしまうのです。

嫌悪感と一言でいっても、「恋愛感情が冷める」だけではなく「気持ち悪さを感じる」など、人によって原因やネガティブな感情の抱き方は変わります。

蛙化現象の由来は、グリム童話「カエルの王様」ともいわれています。

 

蛙化現象によって起こる感情の変化

蛙化現象に陥ると、好意を抱いている男性に対する気持ちに変化が起こります。「好き」という気持ちから変化が起こっているときは、蛙化現象になりかけているかもしれません。

 

好きだと言われると冷める、気持ち悪く感じる

大好きだった人でも、告白をされたり、アプローチされたりするとなぜか冷めてしまうのが蛙化現象です。

両思いになれば、多くの人はうれしくて、そのまま付き合うはずです。正反対の感情の変化が起こる理由は、本人もわからず戸惑ってしまいます。

 

連絡や会うことが億劫になる

男性から好意を感じはじめると、LINEや電話、顔を見ることが嫌になる人もいます。

片思い中のときは、会えないとさみしい、ほかの女子と会話する姿に嫉妬するほど好きだったのに、普通に会話することも苦しくなってしまうのです。

 

スキンシップを受けつけない・怖い

蛙化現象には、異性とのスキンシップに対する嫌悪感や恐怖感も含まれています。両思いになり、手をつないだりキスをしたりする自分を想像できず、恋愛どころではなくなってしまうのです。

どれだけ見た目が好みだったとしても、気持ち悪さのほうが上回ることも蛙化現象特有の現象です。

 

相手に冷めて自己嫌悪に陥る

せっかく両思いになったのに、男性をがっかりさせた自分に嫌気が差し、負のスパイラルに陥る場合もあります。

男性に迷惑をかけたのではないか、悪口を言われているのではないかと、ネガティブな想像をしてしまいます。

そして、自分は恋愛をする資格がない、人を好きになってはいけないと、恋愛そのものが嫌になるのです。

 

【診断】蛙化現象に陥りやすい人の特徴をチェック!

ここでは5つの質問から「あなたが蛙化現象に陥りやすいか」をチェックします。4つ以上当てはまる人は、蛙化現象に陥りやすい人、またはすでに陥っているかも?

 

自己肯定感が低い

「可愛くないから」「私と一緒にいても楽しくないから」などと、ネガティブ思考で自己肯定感が低い人は、蛙化現象に陥りやすいと考えられます。

男性から好意を抱かれても、本当に自分を好きなのかと疑い素直に喜べない、どうせふられるなどと不安が先走るでしょう。

どのような男性に対しても冷めたり気持ち悪くなったりするのであれば、自己肯定感が原因かもしれません。

 

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ないと、男性の考えていることがわからなかったり、どのように恋愛を進めていけばよいのかわからなかったりするため、蛙化現象に陥ると考えられます。

いざ付き合いはじめたときに想像とちがっていると「恋愛ってこんなものだったんだ」と冷めてしまう人もいます。

▼苦手な恋愛の克服方法をチェックしてみよう♡

恋愛に自信がない女性の特徴と不安になる理由。自信をもつために覚えておきたいこととは?

 

好きな人の理想と現実のギャップが怖い

片思いの期間が長く、好きな人に期待が大きくなった結果、恋が実ったとき現実にがっかりしてしまい、蛙化現象に陥ることもあるでしょう。

片思い中は、好きな人のよいところばかりが目に映りやすくなり、理想ばかりが膨らんでしまいます。

深い付き合いをすればするほど人間らしさも出てくるため、魅力的に見えなくなってしまうのです。

 

性的な行為が苦手

男性に体を触れられるのが怖い、過去の恋愛で性的な言動が嫌いになったときも、蛙化現象に陥ることがあります。

この場合、冷めるというよりも気持ち悪さや怖さが襲ってくる感覚でしょう。トラウマが原因であれば、蛙化現象の克服には時間がかかるかもしれません。

会話をしたり手をつなぐことはOKでも、それ以上の好意が怖いなど、人それぞれ苦手のラインが異なるケースもあります。

▼好きな人とのスキンシップが苦手な人は、こちらをチェック。

女性が抱える性の悩み5つ。なかなか聞けないお悩みへの優しい答えを。

 

両思いが恋愛のゴールに感じる

両思いになった時点で達成感を得てしまう性格も、蛙化現象に陥る原因のひとつです。

「付き合う」というゴールを達成するためのプロセスを楽しんでいるだけであり、長く付き合う気はないのでしょう。

男性からモテたい気持ちが強く、ゲーム感覚で恋愛を楽しんでいる人は、誰と恋に落ちても、蛙化現象になる可能性があります。

 

蛙化現象が引き起こす影響

蛙化現象_1
photo:@jam___pam

蛙化現象に陥ったとしても、明確な理由がわからないまま、恋愛で苦しむことも少なくありません。この心理状態が続くことによる、恋愛の影響を見ていきましょう。

 

釣った魚に餌をやらない女性だと思われる

両思いになったのに、男性にそっけない態度をとってしまえば「釣った魚に餌をやらない」と、性格の悪さを疑われるかもしれません。

自分を好きだった女性が両思いになった途端「冷めた、気持ち悪い」と拒否をされると、男性ががっかりしてしまうのは仕方がないこと。

しかし蛙化現象に陥っている人は、男性を嫌いになりたいわけではないはずです。それなのにマイナスなイメージをもたれてしまい、モヤモヤしたまま別れてしまうことも……。

 

本気で悩んでいても「こじらせている」と片づけられる

蛙化現象で悩んでいて周囲の人に相談しても、意味を知らない人、理解できない人であれば、「相手がかわいそう」「意味がわからない」と言われて余計につらくなります。

両思いをうれしいものだと認識する人がほとんどであり、こじらせているだけと簡単な言葉で片づけられてしまうのです。

同じ蛙化現象に悩む人でなければ理解が難しく、相談できず克服もできないままになるでしょう。

 

恋愛が怖くなる

自己肯定感の低さや周囲の人から理解を得られず、治し方がわからないといった理由から、恋愛が怖くなる人もいます。

突然蛙化現象になってしまうと、この先恋愛や結婚ができないといった不安も出てくるでしょう。

恋愛が怖くなると、異性との関わりや出会いを避けて、人間関係がうまく築けないと新たな悩みも出てきそうです。

 

蛙化現象の治し方

蛙化現象は、自分自身に対する考え方と、恋愛や異性に対する気持ちを変えることで克服できるでしょう。

今日から実践できる、蛙化現象の治し方5つを紹介します。

 

自己肯定感を高める

蛙化現象は、自己肯定感が低く「自分には愛される価値がない」という思考が原因となるケースがあります。そのため、自信をもてるようになれば、克服のきっかけがつくれるでしょう。

たとえば、憧れのブランドアイテムを身につけたり、がんばった自分にご褒美ほうびを買ったりすれば、気分も高まり少しずつ自信が湧くかもしれません。

内面に自信がないのであれば、言われてうれしかった言葉、成功体験をスマホや手帳にメモをしてみてください。ポジティブな言葉は、落ち込んでいるときに読み返すと、少しずつ心が明るくなるでしょう。

ほかにも、嫌なことを言う人のような、あなたをネガティブにする原因から離れることも、自己肯定感を高める方法です。

 

男性に完璧を求めない

男性と付き合ってすぐに「思っていた人と違った」と冷める人は、相手に完璧を求めない、期待しすぎないことを意識してみてください。

0か100で考えてしまう人は、相手の短所が見えればちょっとした言動でも冷めてしまいます。

蛙化現象に陥る人は、好きな人を愛するのではなく、無意識にあら探しをしているのかも。粗を探すのではなく、ほかの人にはないいいところを探す意識をもってみてください。

また、相手に完璧を求めなければ、彼氏からも完璧を求められず、短所を含めて愛してもらえるかもしれません。

 

安心感のある男性と恋をする

男性と付き合ったあとに気持ち悪さを感じてしまうときは、恋愛感情が高まる人よりも、安心感を与えてくれる人を好きになると、蛙化現象を克服できるかもしれません。

安心感がある人と恋愛をすると自己肯定感が低くなりづらく、ありのままの自分でいられます。

欲が強そうな男性よりも、メンタルの安定を求めている、競争心が強くない人との出会いを大切にしてみてください。

男女の関係よりも、人同士のつながりを感じられる人に出会えれば、気持ち悪さから相手を拒むことが減りそうです。

 

男性を好きになる前によく知る

蛙化現象に陥ってしまう人は、男性を好きになる前に男性を分析してみてください。

・どこを好きになったのか
・好きになった部分は、付き合ったあとも愛し続けられるのか
・短所をカバーできるくらいの、長所があるのか

過去の恋愛経験や、男性に嫌悪感を抱いたシーンを思い出しながら、好きな人と付き合ったあとの自分を想像してみましょう。

男性を分析できれば、蛙化現象に陥る前に恋愛から距離を置けるため、男性に迷惑をかけたと落ち込む回数は減るはずです。

どのような男性を気持ち悪いと思うのか、冷めてしまうのかがわかれば、付き合ったあとも長く愛せる人を見極められるかもしれませんね。

 

一度恋愛から距離を置いてみる

原因がわからないまま蛙化現象に陥っているときは、一度恋愛から離れてみるのもよいでしょう。

すぐに根本的な解決とならなくても、恋愛から離れてみると自分の考え方や恋愛を客観視しやすくなります。

「次に付き合う男性は、あんな人がいい」「次の恋愛は、もっと慎重に見極めよう」など、自分なりの対策が浮かんでくるでしょう。

蛙化現象のつらいところは、自己嫌悪に陥るところでもあります。負のスパイラルから抜け出すために、恋愛の休憩を入れてみてくださいね。

 

蛙化現象は考え方を変えれば克服できる可能性あり!

蛙化現象に陥る原因は、自己肯定感が低いことや男性に理想を抱きすぎていたこと、性的な行為が苦手などさまざまです。恋愛に対する考え方や、これまでの経験は人それぞれ違うため、焦らず少しずつ克服していくとよいでしょう。

無理やり克服しようとせず、今の心理状態とうまく付き合うことができれば、自己嫌悪になることや自己肯定感の低さで悩むことも減るはず。

少し時間はかかるかもしれませんが、考え方を柔軟にしていくことで、蛙化現象で悩んでいたことも忘れて、素直で楽しい恋愛ができますよ♡

Text_Ayumi