bis

bis

Mote

Mote / 2021.01.24

彼のことが好きかわからないときに試したい「恋心診断」8つのチェックポイント

恋心ってはっきりしないものですよね。好きだと思っていても、「本当に好きかわからない」と悩むのはよくあることです。今回は彼への気持ちが本物かどうかを診断する「恋心診断」をご用意しました!

気持ちをはっきりさせれば、あなたが進むべき方向も見えてくるはず♡

 

好きかわからない診断

Instagram @tomatomaro_

 

遠距離や片思いはつらいから……

片思いをしていたり、付き合っているけど遠距離恋愛をしているとき。恋をしているときや、恋が始まるとき。そんなときには、本当に相手のことが好きなのかどうか、悩むこともありますよね。自分の気持ちに確信がないと、アプローチや会話にも自信が持てなく、行動もしづらくなってしまうものです。

だからこそ好きかどうかわからないときには、自分の気持ちとしっかり向き合う必要があります。気持ちをはっきりさせることができれば、進むべき道が見えて、心のモヤモヤも晴れるかも!

 

恋心診断で彼への気持ちを診断! 8つのポイントをチェック

それでは、彼への気持ちを確かめるためのポイントをチェックしてみましょう。考えてもはっきりしないのなら、直感的に答えてもOK。自分の心としっかり向き合って、悩み続ける日々を終わりにしましょう。

 

(1)彼のことばかり考えている

寝ても覚めても彼のことを考えているなら、既に恋に落ちている可能性はとても高いです。恋をすると、ふとしたときでも相手の顔が頭に浮かぶものなんですよね。

考えている時点で気になっている人であることは認めてみましょう。意識しすぎていない今が視野も広く冷静な判断ができる時期なので大切にしてくださいね!

 

(2)ほかの女性と仲よくしているとさみしい

「ムカつく」というよりは「さみしい」。そんな気持ちが湧き上がるのは、嫉妬心。本当は自分が彼と楽しく話したいという気持ちがあるからでしょう。

嫉妬というのは苦しくてやっかいな感情ですが、上手に付き合っていきたいものですよね。

 

(3)彼との会話やLINEを心待ちにしている

スマホが鳴ったような気がして通知を見たけど気のせいだった。彼からのLINEかと思ったら、別の相手からの連絡でがっかり……など。相手のことを好きになると、できるだけ相手とのつながっていたいと思ってしまうはず。

ついLINEを送りすぎてしまうこともありますが、ほどほどにしてしつこいと思われないように心がけましょう。

 

(4)ポジティブな感情を共有したくなる

「この景色、とてもきれいだから彼に見せたい」「このランチおいしい! 彼とも一緒に来てみたいな」など。相手のことを好きになると、ポジティブな気持ちや経験を共有したくなるものです。

だからこそ付き合っているふたりは、デートに出かけたりよく会話をしたりするのでしょう。お付き合いが始まっても、お互いポジティブでいられるのなら相性も抜群!

 

(5)気づくと目で追っている

好きな相手を目で追ってしまうのは、仕方ないこと。好きな人やものが視界に入るとうれしい気持ちになるから、無意識に見つめるようになってしまうんですね。

さらに彼とよく目が合うのなら、相手もあなたのことが気になっている可能性大。両思いだとわかったら、付き合うのも時間の問題かも♡

 

(6)彼に触れたいと感じる

恋愛感情があると、相手の手や体に触れたいという気持ちが湧き上がるものです。もちろん体の関係を持ちたいと思うこともあるでしょう。そう思ってしまう自分に恥じらいを感じてしまうこともあるかもしれませんが、自然なことなので気にしないで!

「触れたい」のは恋愛感情ならでは。友情か恋愛か悩んだなら、触れたいかどうかを指標にしてみるのもありです。

 

(7)彼が幸せだとうれしい

好きな人は幸せであいてほしいと思うもの。彼の幸せそうな顔を見れば、嫉妬などの感情があったとしても、心の奥底では「幸せそうでうれしい」と感じていることでしょう。

お互いに幸せを願える相手と一緒にいられたら、こんなに幸せなことはありませんね。

 

(8)できることなら幸せな彼の隣にいたい

彼が幸せだとうれしいけれど、できることなら幸せな彼の隣にいるのは自分でありたい。そんなわがままも、恋愛ならではの感情です。

複雑な思いですが、とても美しい気持ち。そんなふうに思える相手だけでなく、自分自身の心も大切に。

 

診断したけどモヤモヤする気持ち……

恋心診断の結果はいかがでしたか? なかには診断をしたもののまだ自分の気持ちがはっきりしない人もいるかもしれません。そんなときには、一度彼と距離を置いてみて、自分自身の気持ちと向き合う時間をもっと深めてみるのもひとつの方法です。

離れてみることで初めてわかることもありますし、「やっぱり彼と離れるのはなんだか寂しいな」そう感じる気持ちこそが、“好き”の証拠かもしれません。

 

気持ちは「白か黒か」すぐにはっきりするものではありません。何度も悩み、考え抜くことで、やっと答えを得られることも多いものです。悩む時間は苦しいですが、後から思えば楽しくてためになった時間だと思えることもあります。焦らず、自分のペースで気持ちと向き合いましょうね!

 

Text_Kanato Suzaku