bis

bis

Interview

Interview / 2020.01.19

映画『シグナル100』小関裕太インタビュー❤︎ bis読者の恋愛相談に「気になる相手には自分から連絡すべき!」

自殺催眠をかけられた高校生36人のデスゲームを描いた映画『シグナル100』(主演・橋本環奈 監督・竹葉リサ)が1月24日に公開。クラスメイトの樫村怜奈(橋本環奈)に恋心を抱く榊蒼汰役の小関裕太さんに、bis web読者の恋の悩みを相談! そして、好きな女性のファッションも聞いちゃいました。

 

 

――bis web読者から寄せられた恋の悩み相談に答えてもらえますか?

 

「現在大学3年です。高校時代のバスケ部の先輩の友達(話したこともない)から、急に2人きりで会いたいと連絡がきて、『突然どうしたのかな』と思いながらも食事に行きました。でも、それっきりで連絡がありません。これって、どういうことでしょうか?」

 

全く話したことがない相手からの誘い……。なんか怪しい(笑)。でも、気になるんですよね。それなら、どういうことかなって考えること自体、その人を好きとは違う感情かもしれないけど、気になる存在にはなっているわけだから、その気持ちを実らせたいのであれば連絡すべきだと思う。

 

ただ、もしかしたら、彼は興味があって、一緒にご飯を食べたいと思ったけど、実際に一緒に過ごして、あれ? 違うかなと思って連絡していないというパターンもあるから……。そこは、主観優先で。彼が自分のことをどう思っているかではなくて、自分が彼に興味があるかないかで、連絡をするかどうかを考えた方がいいと思う。相手の行動を待っても、連絡はないと思うから、頑張って!

 

 

最近、和装がいいなと思います

 

――ありがとうございます。ところで小関さんは好きな女性のファッションはありますか?

 

カジュアルなフェスっぽい服装から、ドレスコードを意識するようなフォーマルな服装まで、どんなファッションも好きなんですけど、最近は着物が気になります。先日、ある式典に参加させていただいたときも、正装として着物を選ばれている方がいて、和服を〝キメ〟のタイミングに着られる女性って素敵だなと。日本人として、いいなと感じました。和装って、お金もかかるし、着付けもあるから、ハードルが高いものではあるので、頻繁じゃなくても、たとえば3年に1回でもよくて、ただ何かの節目には和装を選ぶという女性はいいなって思います。

 

 

【あわせて読みたい】

 

映画『シグナル100』小関裕太インタビュー💛 4台持ちの〝カメラ男子〟。「『写ルンです』の玉手箱感が好き」

 

 

映画「シグナル100」(配給:東映 原作:『シグナル100』宮月新・近藤しぐれ 白泉社刊)は1月24日全国公開

 

小関裕太(こせき・ゆうた)
1995年6月8日生まれ。東京都出身。1月8日スタートのドラマ「来世ではちゃんとします」(テレビ東京系)に出演。7月にはミュージカル『四月は君の嘘』が控える。

公式Twitter:@yutakoseki

 

Photo_Maki Hagiwara