bis

bis

Column

Column / 2019.07.12

「ZOC」香椎かてぃが語る“クッソ生きてやる”「死にたいはもう古い」

2018年の結成から1年。ストリートを中心に早くも注目を集めている人気アイドルユニット「ZOC(ゾック)」から、bis人気の高い香椎かてぃさんと兎凪さやかさんが登場! みんなが気になるファッションやコスメのことはもちろん、プライベートの過ごし方、さらには新曲『family name』についてまで、全8回に渡ってお届けします!

【香椎かてぃインタビュー】

ーーPV拝見しました。序盤から強烈な存在感を醸していましたね。

うれしいです、ありがとうございます。

ーー『family name』を最初に聞いたときの率直な感想を聞かせてください。

カレン(藍染カレン)と靖子ちゃんと、私と3人で新宿の『ZARA』で、できたての音源を聞かせてもらったんです。そうしたらあまりの格好良さに、私とカレンだけ大泣きしちゃって(笑)。それくらいインパクトもありましたし、感動しました。人生のどん底にいるときとか、死にたいって思うくらい落ち込んだときに聞いてほしいですね。壁にぶつかると、死にたいっていう感情に逃げると思うんですけど、でもそういう感情ってこの曲の歌詞のように「クソ生きてやる!」っていう方向にももっていけるわけじゃないですか。死にたいっていうのはもう古いんですよ。とりあえず生きとけって感じですね。あとこの曲は、アイドルに触れたことが無かった子たちがけっこう】『family name』を聞いてくれてて「アイドルっていうものを正直ナメていたけど、この曲はマジでカッコいいって思った」って言ってくれる人がすごく多いんです。それがすごく嬉しい。

 

「うち、レコーディングでは絶対に泣くんです」

ーー大変だったことは?

うち、レコーディングでは絶対に泣くんです、歌えなくて。あとMVを撮るときもリップシンク(口パク)で恥ずかしくて泣くんです。だからどっちも大変(笑)。正直、どちらもあまり得意ではないので、とにかくまず歌をどうにかしなきゃいけないなとは思っています。ヴォイストレーニングとか、これから本気で通おうかなって思っていますし。でも歌が下手でもどうにか上手に見せる方法を編み出したんです。それはとりあえずひたすらシャウトするっていう。もし私がライブとかでひたすらシャウトしていたら、困ってるなって思ってください(笑)。

ーー『CHU-PURI』の方はいかがですか?

歌詞も曲調もかわいすぎて私には無縁の曲なんですけど、MVではめちゃくちゃ頑張りました。MVの中でかなの(戦慄かなの)と喧嘩をして、最後に和解をしてキスをするっていうストーリーがあるのですが、そこが見どころです。個人的には『ファミリーネーム』の方がしっくりきました。『CHU-PURI』は柄じゃないっていうか、恥ずかしくて泣きそうでした(笑)。

香椎かてぃ

1998年生まれ

Twitter  @KatyHanpen

Instgaram pantykaty

ZOC

“共犯者”大森靖子を中心に2018年に結成。メンバーは大森靖子、藍染カレン、戦慄かなの、香椎かてぃ、西井万理那、兎凪さやか。

ZOCデビュー  CD「 family name / CHU-PURI 」が発売中

 

【あわせて読みたい】

「ZOC」香椎かてぃが語るアイドル「タバコは貫き通そうと決めました」

「ZOC」兎凪さやかが語るファン「エゴサしてめっちゃ見てます」

  • photo

    Tomoki Qwajima

  • text

    Oosawakei

RELATED