bis

bis

Study

Study / 2018.01.02

人生の一冊になるかも♡【bis BOOK_vol.1】

探せば探すほど、自分にとって特別な一冊に出会えるビジュアルブックの世界。今回は1970年代からフォトコラージュ、音楽、舞台とマルチな活動を続けるアーティスト、リンダー・スターリングを紹介。
ファッション的視点でも楽しめる“超現実”な作品に触れてみて。

 

『LINDER:WOMAN / OBJECT』

2013年/Walther König(Amazonで見つけられることも)

イマジネーションの翼を広げるフォトコラージュの世界

70年代後期から、パンクバンドのレコードジャケットやフライヤーのビジュアル制作を手掛けてきた女性アーティスト、リンダー・スターリング(1954年~)。

スタイリッシュなポストパンクバンド「Ludus」のボーカリストとしてもシーンのキーパーソン的存在です。

(レディー・ガガが2010年に着用した「生肉のドレス」のアイデアも、すでにリンダーが1982年のライブ衣装で試みていたとか)。

この本は、2013年にパリで開かれた展覧会の際に作られたカタログ。

グラビア雑誌のような体裁で、初期から近年までの作品がシャッフルされた楽しい一冊。セルフポートレートやファッション写真、ポルノ雑誌、家電広告などを素材にしたコラージュ作品は、一度見たら忘れられない強烈なイメージを放っています。

身近なイメージを組み合わせて“超現実”に導く手法は、フォトコラージュのオリジネーター、ハンナ・ヘッヒ(1889年~1978年)の作風とも通じます。

近年は、パフォーマンスアートの世界でも活躍し、バレエシアターとのコラボレーションも展開する彼女。

二次元から三次元へと活動を広げるリンダーの世界を、まずはこの一冊から体験してみて。

 

関連本もCheck it!

『LINDER:WORKS 1976-2006』

2006年/jrplringier(Amazonで見つけられることも)

リンダーの30年間にわたる活動を、フォトコラージュ作品のほか、ドローイングや写真、バンド時代の資料、手紙などから多角的に紹介した一冊。友人のミュージシャン、モリッシーによるエッセイも収録されています。

 

『はるかな旅:岡上淑子作品集』

2015年/河出書房新社¥3,700

日本からも幻のフォトコラージュ作家、岡上淑子の自選作品集をご紹介。1950年代のファッション誌やグラフ誌を大胆に切り出した、シュールレアリスティックな作品の数々は、唯一無二の存在感。随筆『私とコラージュ』も再掲載。

 

Selected by Tomo Hatori

90年代より都内の写真集専門店勤務。現在はアンダーグラウンドなアーティストを紹介するレーベル「Kodanuki Press」でカセットテープやアートブックの企画、制作を担当。

  • photo

    Akihito Igarashi(TRON)

  • model

    Fanni Csajagi(DONNA)

  • styling

    Tetsuya Nishimura

  • hair & makeup

    Tomomi Fukuchi

  • edit

    Sakiko Fukuhara

  • text

    Tomo Hatori

RELATED