bis

bis

Mote

Mote / 2018.11.19

女子力が分かる持ち物リスト❤汚れが目立つ意外なアイテムは…

女子力のある人は、他の女の子とは持ち物が違う。

毎日、ハンカチを持ち歩いていますか?メイク道具は入っていますか?

「こうすれば女子力があがる」と思っていても、実践が追いついていないはず。

誰よりもキラッと輝くために、持ち物から見直しましょう♡

ハンカチやティッシュを毎日持ち歩いている

外でお手洗いを利用したときに、ハンカチで手を拭いている人がどれだけいるかを数えてみましょう。今は手を乾かす専用の機械がついていて、昔のようにハンカチを利用する頻度が下がりました。つまり、わざわざハンカチを持ち歩く手間が省けたということ。

とはいえ、いざというときにハンカチがないのは、女子力があるとは言いにくいかもしれませんね。女子力を磨きたい、あるいはもっと可愛くなりたいと願っているなら、まずは毎日ハンカチやティッシュを持ち歩くこと。

学校・職場の誰かがハンカチを必要としたときに、さっと渡してあげられると、周りからの評価も変わります。

秋冬でも、におい対策グッズが入っている

夏に、におい対策グッズが入っているのは当たり前といえば当たり前なのかも。女子力がある女の子は、秋冬でも常備しています。ふんわりと香る香水やデオトラントスプレー、汗拭きシートなど、専用のポーチを用意している人もいるほどでしょう。

とくに最近はヨガやスポーツジムに通う女子たちも増えていて、人と会う用事がなくても、におい対策が欠かせません。すべてのアイテムを毎日持ち歩く必要はありませんが、たとえ秋冬であっても、汗拭きシートくらいは入っていてもいいのかも♡

いつも鏡がピカピカの状態

意外と忘れがちなのは、毎日使うアイテムのお掃除です。とくにメイク道具やポーチの中は、掃除をしないと、あっという間に汚れます。まつ毛のかたまりやチークの破片など…ポーチの底なんて見ていられないはず。

女子力がある人は、こういったメンテナンスにもきちんと時間を割いています。鏡も、ピカピカの状態。友達から「鏡、貸してほしい」と言われたときも、堂々と貸してあげられます。

「ちょっと汚いんだけど、ごめんね」と、お断りを入れているなら、まだ女子力が足りていないかも……。気がついたときには、ティッシュで拭いておく。たったこれだけでも、他人からみた自分の印象は変わります。

誰も見ていなくても、見せる機会がなくても。

美へのこだわりを強くすることで、必然的に女子力を身につけられます。毎日持ち歩くレギュラメンバーを選ぶことから、はじめましょう♡

 

  • Web Edit

    Erika Yamaguchi

RELATED