bis

bis

Mote

Mote / 2018.11.07

天然キャラとはどうちがう?「隙のある女子」の特徴3つ❤

隙のある女の子は、モテる。そう知っていても「隙って、なに?」と疑問を感じる人が多いはず。どうすれば、その隙をつくれるのか悩んでいませんか?完璧を求めすぎても、つまらなく感じさせちゃうし、難しい!今回は、隙のある女の子の特徴をご紹介します。あえて完璧を目指さないっていうのも、モテ理論の秘訣かも。

 

どこか頼りない「ほんわか感」

バリバリに働き、アクティブに過ごす女の子は輝いている、と思いませんか?ところがキラキラしている人の条件は、女子と男子とでは、どうやら違うようです。

男子はどちらかというと、自分が優位に立っていたいという思いがあるはず。リードするのも俺だし、俺の後ろをついてきてほしいと思っているでしょう。

つまり、男子の前を歩く女子よりも、全体的にふわふわとして、一緒にいるだけで癒されるタイプの女性を選びたがる傾向があるということ。ふわふわとしていれば、自分が守ってあげなければいけないと思えるし、本人もそんな彼を望みます。

どこか頼りなく、癒し的な存在の女の子は、男子からの評価も高い♡

 

ふっとしたときに寂しそうな表情をする

男子全員とは限りませんが、強い女の子と弱い女の子がいたら、どうしても弱い女の子の元へと駆け寄り、守ってあげたくなるというのが本能なのかも。バリバリ働いて、弱さを一切みせない働き女子といても、彼としては、どこか納得がいかないのかもしれません。「そもそも、俺って必要なの?」と思ってしまったり。

一方、ふとしたときに寂しそうな表情を浮かべる女の子には、どこかアンニュイな雰囲気も感じて、彼らは引き込まれていくでしょう。隙をみせるためには、完璧な女の子ではなく、どこか欠けている部分があった方が、恋愛市場では有利

 

学校や職場ではキリッとしているのに、ドジな一面も

男子たちは「ギャップ」にも弱い、というのは、よく聞く話。もしかしたら女子同士のガールズトークの定番ネタになっているかも。

学校や職場では、チームをまとめあげ、バリバリと働いているのに、ちょっとした瞬間に涙が止まらなくなるというギャップを見せられると、男子は目の前の女の子を守ってあげたくなります。

どこかドジなところがあって、放っておけない。「俺が側で支えなくちゃ」「いざというときは守ってあげたい」と思わせるポイントをつくることが、隙をつくることなんです。

大人になってきたからこそ、あえて完璧な女性像を目指さない。自分にも欠点があって、カバーしようと努力しているくらいで、バランスは保たれています。

 
隙のある女の子たちは、計算をしていません。「演出」ではなく、ナチュラルな振る舞いのひとつにすぎないんです。

隙をつくるためには、あえて力をゆるませ、自然体でいることが大切。たとえ、好きな人の前であってもです。恋愛には駆け引きが必要ですが、計算をするよりも、ありのままの自分でいられるように意識してみてくださいね♡

  • Web Edit

    Erika Yamaguchi

RELATED