bis

bis

Mote

Mote / 2018.09.05

彼との交際を長続きさせるために、“デートは週に1.5回”がオススメな理由

大好きな彼とは毎日一緒にいたいと思ってしまうこともありますよね。だけど長続きするカップルには会う頻度にもベストな法則があるんです。数多くの男女を結婚へと導いてきた婚活アドバイザーの植草美幸さんに教えていただきました。

 

Q.彼と長続きするためにオススメのデートの頻度はどれくらいですか?

 

植草さん これまでいろいろな男女を見てきた私がオススメしているのが、「週に1.5回の法則」です。これは、週末1回は必ずデートに行き、平日に会うのは2週間に1回、このペースだと月に6回、つまり、週に1.5回会うという計算になります。それより多くてもお互い新鮮味がなくなってしまいますし、逆に「月に2回程度しか会いません」というカップルはもはや恋人同士とは呼べません(笑)。

 

Q.彼との距離を縮めるために、同棲するというのはどうですか?

 

植草さん 私は同棲をオススメしていません。結婚を視野に入れて、期間を決めての同棲であれば良いですが、それでも期間は半年以内がベターです。単純に「いつも一緒にいたいから」という気持ちだけで同棲を始めると、男性のほうは「家賃やデート代が減ってラッキー」なんてお気楽な気持ちになってしまうこともあります。なにより、いつも一緒にいると新鮮さは失われていくので、他の女性に目がいってしまうというパターンもあります。残念ながら、私の結婚相談所に初めて訪れる女性の中には「一緒に住んでいたのに浮気されました!」と泣きついてくる方もいらっしゃるんです。

 

彼との関係を長続きさせたいなら、デートの回数にも注意してみて。会えない時間は悲観的にならずに自分磨きをしてみてはいかがでしょう。

 

植草美幸
結婚相談所マリーミー代表。婚活アドバイザー、株式会社エムエスピー代表取締役。1995年、アパレル業界に特化した人材派遣会社・株式会社エムエスピーを創業。そこで培われたコーディネート力と実績を生かし、2009年に結婚相談所マリーミーをスタート。以降、年間約1,000組にアドバイスを行い、成婚率の業界平均が15%と言われる中80%という驚異の成婚率を維持しつづける。著書に「いくつになっても、結婚できる女結婚できない女」(牧野出版)などがある。

  • text・edit

    bis

RELATED