bis

bis

Mote

Mote / 2022.08.10

目がきれいな人の特徴って? 美しい目をつくるコツと習慣を身につけよう

澄んでいてきれいな目で見つめられると、吸い込まれそうになり、ドキドキしますよね。

異性のきれいな瞳を見るだけでとりこになってしまうこともあるほど、目のインパクトやパワーは強いものです。

今回は目がきれいな人の特徴や、目を美しく見せるコツなどを紹介します。

目がきれい
photo:@kurumi_1216_

「目がきれい」といわれる人の特徴

きれいな目の特徴とは、どのようなものなのでしょうか。きれいだといわれる目の特徴を紹介します。

 

白目の透明度が高い

白目ににごりがなく透き通っていると、黒目とのコントラストがはっきりして美しい瞳に見えます。

いわゆる白目は、眼球をおおっている「強膜」と呼ばれる部分なのですが、年齢を重ねると膜が厚くなって透明感を失ってしまいがちです。

赤ちゃんの白目は青白く澄んでいますが、年齢を重ねるにつれて少しずつ黄色がかった印象になってきます。

つまり、にごりのない白目は純粋さを感じさせ、若々しさの象徴にもなるのですね。

 

瞳の色がきれい

透明感のある瞳の色を持つ方は、神秘的な魅力があります。

瞳の色は、目の中のメラニン色素の量によって決まっており、色や濃さは人それぞれ。

メラニン色素の量が多い方は黒っぽく、少なくなるにつれてブラウン、グリーン、ブルーに近づくといわれています。

日本人では黒やブラウンの方が多いですが、なかにはグリーンやブルーがかった瞳を持つ方もいます。

 

目の大きさや形が黄金比に近い

瞳の黄金比率は「白目:黒目:白目」=「1:2:1」だとバランスがよいとされています。

また、目の縦横のバランスでは「縦:横」=「1:3」が黄金比率といわれます。

黒目と白目の大きさや目の形がこの比率に近いほど、「目の形が美しい」と認識されやすいのです。

目の形には人それぞれ個性があり、丸い目や切れ長の目などさまざまな形が存在します。

どの形がいちばん美しいということはありませんが、黄金比率に近い形だとバランスが整って見えます。

 

まつ毛や涙袋が美しい

長いまつ毛がきれいに生えそろっている目は美しいですよね。

まつ毛が長いと目が大きく見えるため、目の印象が強くなります。

長いだけでなくまつ毛の量が多い、濃い方も目がきわ立つので「美しい目だな」と感じられやすいでしょう。

涙袋とは、下まぶたに沿ってできる筋肉が発達してできるふくらみです。

ほとんどない方もいれば、ぷっくりふくらんだ涙袋を持っている方もいます。

涙袋があるとくっきりと目元が強調され、可愛らしい印象や優しい印象を与えます。

 

きれいな目をつくる4つのコツ!

目の形や大きさは生まれ持ったものなので、そう簡単には変えられません。

しかし、メイクやコンタクトレンズなどで印象を変えることはできます。

きれいな目をつくるためのコツを紹介します。

 

カラーコンタクトをつける

カラーコンタクトレンズをつけると、瞳の色や大きさの印象を変えられます

度が入っているもの、UVカット機能つきのものなどたくさんの種類が販売されているので、自分に合ったものを選びましょう。

黒目がちに見せたい場合は、着色部分が黒目の大きさよりもひとまわり大きいものを選ぶのがおすすめ。

色もさまざまなので、なりたい印象から決めるとよいでしょう。

ナチュラルな印象を目指すなら、ブラウンやヘーゼルなどの瞳の色に近い色を選ぶと違和感が少ないです。

また、髪の色やファッションのテイストに合わせると、ちぐはぐな印象になりにくいです。

 

まつ毛のボリュームアップをする

まつ毛エクステやパーマ、つけまつ毛などで本来のまつ毛にボリュームをプラスするのも効果的です。

まつ毛の長さや濃さに変化をつけるだけでも、目元の印象がぐっと変わります。

目の輪郭が大きく見えて目元がぱっちりしたり、目力がアップして生き生きとした表情に見えたりするので元気なイメージを与えたい場合におすすめです。

まつ毛エクステやマスカラもさまざまなカラーの選択肢があるので、ブラウン系を選ぶとさらに透明感もアップできるでしょう。

 

二重をつくる

二重まぶた用のコスメを使って二重をつくったり、二重幅を広くしたりすると、明るい印象に近づきます。

まぶたを持ち上げて二重をつくることで、黒目と白目の見える範囲が増え目が大きく見えます。

目つきが悪く見える、クールそうに見えるといった悩みがある場合も、二重にすることで優しい印象を与えられるかもしれません。

 

アイライナーやアイシャドウで印象的な目元にする

アイシャドウを塗ることで、眉から目までのアイホール部分に奥行きが出ます。

目元を華やかにするだけでなく眉から目までの距離を近く見せ、目を大きく見せることができるのです。

選ぶ色によって顔全体の雰囲気は変わりますし、塗り方や塗る範囲を工夫するだけで可愛らしくもクールにも見せられます。

アイライナーを使用すれば、目の輪郭を変えることも可能。

目元を引き締めたり、丸い目をシャープな形にしたりと、使い方によってさまざまな雰囲気をつくれます。

 

健康できれいな目を維持するための習慣

目がきれいな人はとても魅力的で、異性からも人気が高いです。できるなら、うるうると透き通った目をキープしたいですよね。

きれいな目を保つための習慣を紹介します。

 

目薬を使用する

目の渇きや疲れが気になる場合は、目薬を使用するのもおすすめです。

パソコンやスマートフォンなどを使う機会が多い方は、目が乾燥しやすく疲れやすいといわれています。

疲れ目や乾燥は、白目がにごってしまう原因のひとつ。うるうると透明感のある目とはかけ離れた印象になってしまいます。

保水成分や涙に近い成分の目薬を選ぶと、乾燥や充血から目を守ってくれますし、目のリフレッシュにもなります。

疲れ目を改善するための栄養成分配合のものなど、目の回復を助けてくれる目薬もあるので、自分に合ったものを選んでみましょう。

 

スマートフォンとの付き合い方を見直す

生活必需品であるスマートフォンですが、画面を見過ぎているとドライアイの原因になります。

映画やドラマを観たり、本を読んだりもできるので、長時間使用している方も少なくないのではないでしょうか。

健康できれいな目をキープするためには、スマートフォンとの付き合い方を見直すことも大切です。

  • ・なるべく画面を離して見る
  • ・長時間使用しない
  • ・姿勢を正して使う

 

以上の項目に気をつけて使用すると、目への負担を減らせます。

長時間使うときは1時間に1回休憩を入れる、寝転んで使わないなどの工夫をして、目を酷使しすぎないように心がけましょう。

 

温めて血流をアップする

目のまわりを温めると、血流がよくなって目の疲れや乾燥が軽減されます。

市販のシートアイマスクを使用するのもおすすめです。

タオルを軽く濡らして電子レンジで40秒ほど温めることで、アイマスクの代わりになります。

充血の場合は、温めるよりも冷やすほうが効果的なので、保冷剤や濡れタオルなどを活用しましょう。

 

コツや習慣を身につけて魅力的な目をキープしよう!

目元の雰囲気で、まわりから見える印象は大きく変わります。

生まれ持った目の色や形は簡単に変えられるものではありませんが、メイクやコンタクトレンズを使用することで印象を変えることはできます。

美しい目で見つめられると、誰もがドキドキするもの。純粋でまっすぐなイメージを与えられるでしょう。

コツや習慣を身につけて、健康的できれいな目を目指してみてくださいね。

 

Text_Akane