bis

bis

Mote

Mote / 2022.06.04

「恋愛が苦手」は女子校出身あるある? 恋愛観や恋愛への向き合い方とは♡

教師以外に男性がいない女子校では、共学にはない独特の「女子校あるある」が存在します。

今回は、恋愛に関する女子校あるあるをピックアップして紹介します。

さらに女子校出身者に多い恋愛観や、恋愛のコツも解説しています。女子校出身でどう恋愛に向き合えばいいのかわからない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女子校あるある photo:@__neinei__

恋愛における女子校あるあるとは?

男女が一緒に生活している共学とは異なり、女子生徒しかいない女子校では恋愛対象になる相手も自然とちがってきます。

まずは、恋愛における女子校あるあるを紹介します。

 

共学にあこがれがある

女子校に通う女子からすると、やはり同じ学校に男子がいて同じ授業を受けたり一緒に下校したりする状況がうらやましくもあります。

登校すれば好きな人に毎日会えることを考えると、ドキドキしちゃいますよね。

漫画やドラマを観て、好みの男性との学校生活を想像するのも楽しみのひとつです。

 

ボーイッシュな女子がモテる

恋愛にあこがれをもつ年代なのに、校内には男子がいない! そんな状況のなか、モテるのはボーイッシュな女子です。

ヘアスタイルがショートだったり、背がすらっと高かったり、運動が得意だったりする女子のなかには、圧倒的な人気を獲得している人も。

あまりの人気に、ファンクラブができるなんてこともあるようです。

 

先生も恋愛対象!

女子校に通う学生のあいだで、おじいちゃん先生はマスコット的存在。みんなから「可愛い」と人気が高いんです。

ゆるキャラのような、癒しの存在として愛されています。

一方でおじさん先生はダンディーな魅力、若い先生はイケメンじゃなくてもかっこよく見えてモテることも。

身近な男性が先生しかいない、女子校ならではのあるあるですよね。

 

スキンシップが多い

あいさつ代わりにハグしたり、手をつないで廊下を歩いたりと共学に比べてスキンシップが多いのも、女子校あるあるです。

「ここの下着がおすすめだよ!」なんて、普段から胸やランジェリーが話題にのぼることが多いのも女子校ならでは。

 

みんなマイペース

女子ばかりが集まる女子校というと、陰湿ないじめが多そうなイメージがありませんか?

でも実際にはそんなこともないみたい。基本的にみんなマイペースで、好きなことを好きなようにしています。

一風変わった趣味をもっていても、お互いに認め合える雰囲気が漂っています。

女子特有のいざこざがあるかと思いきや、意外と自由な空気なんですよ。

 

同性カップルが誕生することも

女子校で同性同士のカップルが生まれるのも、実は珍しいことではありません。

異性がいないなか、毎日会っていると同性を好きになるのも自然なことなんですね。

また、モテる女子をめぐって女子同士の嫉妬が渦巻くことも。共学とはちょっとちがったトラブルが起きるのも女子校ならではでしょう。

 

男子がいないから恥じらいが薄い!

教室でムダ毛処理をする、暑い日にスカートをバサバサしてあおぐ、生理用品を隠さず貸し借りする、というのも女子校ではよくあることです。

どれもまわりに男子がひとりもいないからこそできること。

授業中によだれを垂らして爆睡したり、大きな口を開けて笑えるのも女子同士だからこそ。同性同士だから見せられる素顔なのかもしれません。

 

女子校出身だからこその恋愛観

校内に男性が先生しかいない、特殊な環境に身をおく女子校出身者。

普段から接する機会が少ないこともあり、男性に対して幻想を抱いている人も多いようです。

女子校出身者はどのような恋愛観を持っているのか、紹介します。

 

男性に幻想を抱いている

思春期で異性との関わりに興味がある一方、実際に直接かかわりを持てる男性が近くにいないので、参考にするのは恋愛ドラマや漫画、映画、小説です。

フィクションの世界の男性たちにしか触れたことがないので、実際に生身の男性と関わったときにはフィクションと現実のギャップに愕然とすることも。

 

ロマンチスト

恋愛のお手本がドラマや漫画である女子校出身者。空想の世界でロマンチックな恋愛を夢見ていることも多いんだとか。

テレビで見るアイドルに胸をときめかせ、教室の壁や机に推しの写真が貼ってあるのも女子校あるあるです。

「白馬の王子様」とまではいきませんが、いつか漫画に出てくるようなイケメンと恋をしてみたい! と本気で思っている女子もいます。

 

男性と話すのが苦手

女子ばかりと関わってきたこともあって、同じ年代の男性とうまく話せないのもよくあること。

学校を卒業していざ男性と関わるきっかけがあったとき、どう接したらいいのかわからず戸惑ってしまうことがあります。

なかには最初にうまく話せなかったことがトラウマになり、男性に苦手意識が芽生えてしまう人もいるので、無理せず少しずつ慣れていくのがおすすめ。

 

押しに弱い

恋愛経験が少なくピュアな人が多い女子校出身者。学外の男子学生や、卒業後に出会う男性にちょっと優しくされるとすぐに好きになってしまう傾向があります。

本当にあなたを大切にしてくれる彼なら大丈夫ですが、ピュアなのをいいことに都合のよい相手にしようとする男性もいるので要注意。

 

男性に染まりやすい

一度好きになった男性にとことん尽くす、愛情深さを持っている人が多いのも特徴。

男性の好みや趣味に合わせて、ファッションや髪型を変えることがあります。

男性と接する機会が少なかったため、「私は男性のことをぜんぜん知らない」と思い込んでしまい、それがコンプレックスになって男性のいうことを鵜呑みにしてしまうことがよくあるのです。

好きな人に一途で、一生懸命になるのも女子校出身の女性ならではですよね。

 

恋愛に興味がない

同性の友達がたくさんいてプライベートが充実しているからこそ、恋愛にまったく興味を持てない人もいます。

女子校には、彼氏がいない女子も多いので「彼氏が欲しい」といった気持ちが生まれないのも原因かもしれません。

また、男性と関わる経験が少なく、そもそも男性に苦手意識を持っていることもあります。

 

女子校出身者が恋愛するときのコツ

男性と接するのが苦手でピュアな女子校出身者が、楽しく恋愛するために心がけたいコツを紹介します。

 

徐々に素を見せる

最初から好きな彼に自分の素顔を見せるのは勇気がいることですよね。

これは女子校出身者に限ったことではありませんが、いつも同性同士で素を見せあってきた女子校出身者にとってはなおさら難しいことかもしれません。

好きな人ができたとき、最初からオープンにする必要はないので、無理のない範囲でゆっくり打ち解けていきましょう。

あまりにも素を見せないでいると、彼が「壁がある」と感じてしまうかもしれないので「慣れるのに時間がかかるんだ」とひとこと伝えておくとよいかもしれません。

 

彼のことを知る努力をする

自分の素や思いを少しずつ見せていくことも大切ですが、彼のことを知っていくことも同じように大切です。

受け身にならず、彼はどんなことが好きなのか、どんな考えなのかを聞いてみましょう。

あなたから質問することで、彼は「興味を持ってくれているんだな」とあなたに対しても興味を持ってくれるはずです。

連絡先を知っているのなら、あなたから連絡をしたり、遊びに誘ったりするのもおすすめ。

 

男性が苦手なことを打ち明ける

「実は女子校出身で、男性とどう接していいのかわからない」ということを、あなたなりに伝えてみるのもひとつの方法です。

さらに、「男性は苦手だけど、〇〇くんのことはもっとよく知りたいと思う」と伝えると、彼はピュアなあなたにきゅん♡ としてしまうかも。

素直に打ち明けることで心の距離も近づきますし、彼があなたに無理させないよう配慮してくれるかもしれません。

 

女子校出身だからといって「恋愛は苦手」とあきらめないで!

男性と付き合った経験が少ないからといって、「恋愛が苦手」「男性と付き合うのは無理だ」と思わなくても大丈夫!

最初はうまく接することができなくても、徐々に打ち解けられればきっとあなたのことを深く理解してくれる男性がいるはず。

女子校出身者に多い恋愛観と恋愛のコツを知って、恋愛を楽しんでください。

 

Text_Akane