bis

bis

Mote

Mote / 2022.05.19

男性を不快にさせないデートの断り方3つ|傷つけないためのポイントを解説

デートに誘われたけど、気乗りしない、男性に興味がない……そんなときは、早めに断ったほうがよいでしょう。傷つけたくないからと、その場で思いついた嘘や曖昧な断り方をすると、反対に男性を不快にさせてしまいます。

そこで今回は、男性を傷つけないデートの断り方、実はNGな断り方を紹介します。

デート 断り方
photo:@megu.03_03

 

男性を傷つけないデートの断り方3つ

デートに誘われて断りたいときは、理由と一緒にデートに行けないという意思を伝えましょう。

男性を傷つけない、不快にさせない3つの断り方を紹介します。

 

好きな人・彼氏がいると伝える

好きな人や彼氏がいるからという理由で断れば、これ以上男性はデートに誘わなくなるでしょう。

デートに誘う男性心理は、女性に好意をもっているから。好きな女性に彼氏がいると知れば、普通の男性は今以上に近づこうとはしないはずです。

また、彼氏や好きな人がいるからとデートを断る人は、男性に誘われてもしっかり断れる女性という、いいイメージもつきます。恋愛関係へと発展はしないものの、良好な関係を維持できるかもしれません。

これは、実際に好きな人や彼氏がいなくても使える方法です。しかし「彼氏がいるから」と断る方法は、嘘がばれない相手にのみ使ってくださいね。

 

「デートはできない」とストレートに言う

デートに誘われたとき、「デートはできません」とストレートに断られたほうが、男性は潔く諦められます。

曖昧な理由で断ると男性はチャンスがあると思い、デートに応じてくれるまで誘ってくるかもしれません。

曖昧にされるほうが男性は傷つき、時間をムダにしてしまったと思うため、早めにきっぱりと断るほうがお互いのためです。

ただ、上から目線に「デートはできない」と言うのはNG。「ごめんなさい、デートはできません」と申し訳なさそうに断ると、不快にさせないでしょう。

 

ほかの人も誘っていいか聞いてみる

「飲みに行かない?」などと誘われたとき、「ほかの人も誘っていいですか?」と遠回しにふたりきりで会うことを避ける方法もおすすめです。

ほかの人も誘ってよいかと聞かれれば、ほとんどの男性は、自分とふたりでは食事をしたくないのかもと気づくはず。

万が一、「ほかの人も誘っていい」と言われれば、デートでふたりきりになる状況を避けられます。

遠回しな断り方であるため、勘の鈍い人は効果が薄いかもしれません。立場的に断りにくい人、断ると面倒くさそうな人への対処法としておすすめです。

 

男性を不快にさせるデートの断り方5つ

デートを断るとき、面倒なことになりたくないからと、適当にとりあえず断る人がいますが、男性にとってはショックなできごと。

嫌な女性だと思われないための、デートの断り方を5つ紹介します。

 

忙しいことを理由に断る

忙しいという理由で断ると、忙しくないときを聞かれたり、繁忙期を過ぎて誘われたりと、繰り返しデートに誘われる可能性があります。

何度も連絡がくるほど、デートを断りづらくなり、仕方なくデートをしなくてはならない状況になりかねません。

忙しいと嘘をつくくらいであれば、早い段階ではっきりと断るほうがよいでしょう。

 

「いつか」と曖昧な返事をする

社交辞令のような「いつか行きましょう」という返事は、勘の鈍い人には伝わりづらい断り方です。

デートに誘って何度か「いつか」と言われれば、多くの人は脈なしだと気づきます。ただ「いつか」を本当に信じて何度もデートに誘ってくる男性もいるでしょう。

曖昧な返事をして期待させるのではなく、デートには行けないと伝え、はっきり脈なしだと示すほうが男性のためです。

 

男性を傷つける言動をする

まったく興味のない男性からデートに誘われたからといって、露骨に嫌な態度をとるなど、男性のプライドを傷つける断り方はNGです。

デートに誘った男性は、勇気を出して女性に声をかけています。傷つける断り方をされると、女性や恋愛に対するトラウマができてしまうかもしれません。

「デートはできない」とはっきり伝えるのは、悪い断り方ではありません。ただ、脈なしの男性から誘われたとしても、ばかにしたような笑い方や返事はしないようにしましょう。

 

ドタキャンする

デートの前夜や当日、気乗りがしないからとドタキャンをするのはやめましょう。男性は、デートのために準備をしていたり、お店を予約していたりするかもしれません。

興味がなく誘われたときから気乗りがしないのであれば、遅くとも3日前までには断りの連絡をしておくと安心です。

ただ、一度「OK」と返事をしたデートはできるだけ断らないようにしましょう。最初からデートをお断りしておくほうが、印象が悪くなりません。

 

連絡を無視する

これまでLINEのやりとりをしていたのに、デートに誘われた途端、既読スルーや未読スルーをするのは好ましくない断り方です。

特に、紹介してもらった男性や同僚など、実際に顔を合わせる可能性のある相手であれば、とても失礼な行為。無視ではなく、デートはできないと断りましょう。

 

デートを断りにくい相手への対応方法

職場の上司や同僚、知人から紹介してもらった人などは、デートに誘われても少し断りづらいですよね。断ってしまうと、今後の付き合いで気を遣う、紹介してくれた知人に悪いなど、悩みが増えてしまいます。

このような相手のデートを断るときは、嘘をつかないようにしましょう。できるだけ真摯な対応をして、傷つけないように断ることが重要です。

 

「周囲を誤解させたくない」と断る

職場の上司や同僚からデートに誘われたときは「周囲の人を誤解させたくないので、デートはできません」と断る方法がおすすめです。

「誤解させたくない」には、男女の関係にあると見られたくない、脈なしであるという意味も込められており、遠回しにデートをするつもりがないと伝えられます。

 

「好きな人としっかり向き合いたい」と誠実さを見せる

デートの誘いを断りにくい相手にも、好きな人や彼氏を理由に断る方法がおすすめです。

断りにくい相手であっても、好きな人や彼氏がいると言えばほとんどの男性は、これ以上深追いをしないはず。

誠実さを見せられれば、デートを断ってもそれほど悪い影響はないでしょう。

 

誘ってくれたことに対する感謝を伝える

「誘ってくれたのはうれしいけど、デートはできない」「食事のお誘いありがとう」このように、デートを断るときは感謝の言葉とともに伝えると、相手はそれほど悪い気はしないでしょう。

「デートはできない」「忙しいから無理かも」のように、デートを断ることだけを伝えると少し冷たい印象を与えます。

感謝の言葉が一言あるだけで、男性は、デートは断られたけど仕方がないと思えるものです。

 

デートの断り方は誠実さが重要

デートの断り方は、バレバレの嘘をつかないこと、はっきりと断ることがポイントです。

すぐにわかる嘘をつけば、男性を不快にさせてしまいます。二度と会わない人であればよいですが、同僚や知人であれば気まずくなるでしょう。

ほかにも、男性に期待をもたせる曖昧な断り方、勘違いさせる断り方もおすすめできません。できるだけ男性をがっかりさせないように断って、人間関係が大きく崩れない配慮をしてみてくださいね。

Text_Ayumi