bis

bis

Mote

Mote / 2022.01.17

付き合う前にキスする心理って? その後の接し方のポイントと対処法

まだお互いの気持ちを伝えていない、付き合う前の段階でキスをすると、そのあとの関係にどんな影響があるのか不安になってしまいますよね。

実際にデートの途中や帰り道などで急にキスされると、驚くだけでなく、不安に襲われてしまうかもしれません。

そんなあなたに向けて、今回は付き合う前にキスをする心理や、その後の対応方法について紹介。

今後どんな風に連絡を取ればいいのか、接する態度の具体例や上手な対処法についても解説します。

付き合う前 キス

Photo:@jam___pam

付き合う前にキスをする女性の心理

まずは、付き合う前にキスをする女性の心理を解説します。

付き合う前なのにキスをしてしまったけど、どういう気持ちでしたことなのか、うまく自分の気持ちを整理できていない方もいるかもしれません。

自分に当てはまるものがないか見てみてくださいね。

 

付き合いたい気持ちがある

あなたが相手のことを気になっている、好きな気持ちがあるなら、キスを受け入れるパターンも多いでしょう。

キスをしたり、手をつないだりと実際に体に触れるできごとがあると、それをきっかけにぐんと距離が縮まるもの。

とくに友達関係が長く続いていた、お互いに好意を寄せているもののなかなか関係が進展しなかった場合などは、キスによってふたりの関係が進むのを期待していることもあります。

相手にまだ心を許していないのなら、キスするシチュエーションや雰囲気にまではたどりつかないことが多いので、多くの場合であなたも相手に恋愛感情を持っているといえるのではないでしょうか。

 

雰囲気やノリに流された

まだキスする段階ではないと感じていたとしても、デートの最中にそういう雰囲気になったら断れない女性もいます。

好意を感じているのならなおさら、断ったら相手を傷つけてしまうのではないかと心配になり、流されてキスしてしまうこともあるかもしれません。

また、キスは挨拶程度のことで、それほど大きな意味はないと考えている女性もいます。

キスする雰囲気になったからしただけ、という人もなかにはいるでしょう。

 

気持ちを確かめたくて女性からキスした

男性だけに限らず、女性のほうからキスをするケースもあります。

また恋人同士になりたいという期待や、相手や自分の気持ちをはっきりさせたい気持ちがあって、キスできるような雰囲気を女性が意図的につくることもあるでしょう。

 

付き合う前にキスをする男性の心理

付き合う前にキスをする男性には、どのような思いがあるのでしょうか?

順序を守るとするなら、付き合ってからキスをするのが通常ですが、思わずフライングしてしまう男性の心理について解説します。

 

女性の気持ちを確かめたい

女性がどう思っているのかを確かめたい可能性があります。

自分は付き合いたいと思っているけど、女性が好意を持ってくれているのか自信がないのかもしれません。

キスをして自分のことを意識させようとしている、もしくはキスに対する女性の反応を見て告白するかどうかを決めようとしているのかも。

この場合、男性はあなたに恋愛感情を抱いていると考えてよいでしょう。

 

自分の好意を知ってほしい

あなたのことを好きな気持ちを、キスで表現しているのかもしれません。

本当なら言葉で伝えてほしいと思うのが女性の心理ですが、男性の中にはうまく言葉にできず態度で示すほうがスムーズと考えている人もいます。

もしくはあなたとはすでに恋人のような関係だと思っているため、あらためて「付き合ってほしい」と伝えるまでもないと感じている可能性もあります。

 

雰囲気に流されてこらえきれなくなった

デート中のあなたが可愛くて、どうしても我慢できずにキスしたのかもしれません。

本来であれば告白してお互いの気持ちを確認してからとわかっているのに、どうしてもこらえきれずに思わずキスしてしまったのかも!

好きな相手と少しでも近づきたい、触れたいといった男性の本能からの行動である可能性があります。

 

遊び相手になるか確認している

知り合ってまだ日が浅い、初めてのデートなのにキスしてきた場合は、ちょっと要注意かもしれません。

なかには、キスをしてみて女性がノッてきたら遊べると思っている男性もいます。

こういった男性は、真剣に付き合う相手よりも、気軽に遊べる相手を探しているので慎重な判断が必要です。

 

付き合う前にキスすると関係性が変化する?

過去に付き合っていない相手とキスをして、その後の関係がうまくいかなかったなどの経験があると、付き合う前のキスはよくないことだと感じてしまうでしょう。

実際に付き合う前にキスをした場合に、どのような心境になっていくのかいくつかのパターンを解説します。

 

冷める、後悔する

付き合う前にキスすることで、実はあまり相手のことを好きではなかったと気づく場合があります。

相手に興味を持っていたはずなのに、急に冷静になって気持ちが冷めてしまうパターンです。

キスさえしていなければ、何度かデートを重ねてじっくり距離を縮められたかもしれないのに、キスしたことで冷めてしまい後悔することも。

また、キス後に相手の態度が冷たくなったり、そっけなくなったりすると、「キスなんてしなければよかった」と悲しい思いをしてしまうこともあるでしょう。

 

相手を疑ってしまう

付き合う前に軽い気持ちでキスすると、お互いに「誰にでもしているのかな」と相手を疑い始めてしまうことがあります。

お互いを疑う気持ちが芽生えると、疑心暗鬼になって今後信頼関係を築いていくのが難しくなってしまいます。

誰にでもキスを許してしまう人と思われないよう、その後の対処方法が重要になってきます。

 

お互いの気持ちに気がつく

キスをきっかけに、あいまいだった気持ちをはっきりさせることができるケースもあります。

自分の本当の気持ちに気づくと同時に、彼の気持ちも確かめられます。

「友達を異性として意識するきっかけ」として、キスやスキンシップを挙げる方も少なくはありません。

そのためキスは、相手に「異性として見てもらいたい」ことを暗に伝える方法にもなり得ます。

 

関係が進展する

感情表現が上手ではない相手や、なかなか告白してくれない相手とキスをすることで付き合うきっかけになることも。

お互いに付き合いたいと思っていても、あらためて告白したり、気持ちを確かめ合ったりするタイミングを逃していた場合などは、キスがよいきっかけになることでしょう。

 

付き合う前にキスしても付き合える?気持ちを確かめる方法

 

好きな相手と付き合う前にキスしてしまったけど、そのままあいまいな関係になってしまうのは嫌ですよね。

お互いの気持ちをはっきりさせて今後もよい関係でいたいと思っているなら、キス後のふるまいが大切。

相手がどう感じているのかを確かめる対処法を紹介します。

 

相手の態度を見極める

キスしたその後の態度で、あなたへの気持ちの本気度がある程度わかります。連絡を取ってみて、態度が一変して冷たくなったり、そっけなくなったりしないかに要注意!

キスするまでは連絡をこまめにしてくれていたのに、その後連絡が減った場合などは、彼がもうあなたが自分のものになったと勘違いして安心しているかも。

あなたが彼を好きだと確信し、がんばらなくても手に入れられると思っているかもしれません。

その場合は、単刀直入に「あのときのキスはどういう意味だったの?」と尋ねてみるのがおすすめ。

また連絡が取れなくなったり、冷たい態度で接せられたりする場合は、あなたのことを遊び相手だと思っていた可能性もあります。

好きな相手ならば、キスしたことで突然音信不通になることはないでしょう。

さらに彼が付き合う前にキスしたことを後悔している、あなたに対して申し訳ないと思っていることから、連絡が滞っている可能性もあるかもしれません。

そのときは一度あなたの気持ちを素直に話してみて、彼がどんなつもりだったのかを尋ねてみましょう。

 

キスについて単刀直入に聞く

相手の行動がどんな意味だったのか、考えてもわからない! そんなときは直接、どういうつもりだったのかを聞いてみるのがおすすめです。

相手の気持ちを直接聞くのは勇気がいることなので、難しければまずは自分の気持ちから話してみるとよいです。

「私はあのときうれしかったよ」「あなたはどんな気持ちだったの?」と伝えると、彼もきっとあなたの気持ちをわかってくれるはず。

あなたが勇気を出せば、彼も勇気を出して告白してくれるかもしれません。

考えすぎるとどんどん不安になってしまうので、思い切ってきちんと話し合ってみましょう。

 

付き合う前のキスは好意を持っている証! 上手に対処して関係を進展させよう

付き合う前にキスをすると、「遊びなのかな?」と不安な気持ちになってしまうこともあるでしょう。

しかし、付き合う前にキスするのは、必ずしも悪いことばかりではありません。キスをするということは、多くの場合で好意や興味を持っている証です。

その後の相手の態度を見極め、自分の気持ちも素直に伝えることで、関係性が大きく前進することもあります。

ネガティブになる前に、一度気持ちを包み隠さず伝えてみてはいかがでしょうか?

今後も信頼関係を築いていくためにも、あまり日が経たないうちに話し合うのがおすすめです。

 

Text_Akane