bis

bis

Mote

Mote / 2021.08.03

相性がいいカップルの特徴5つ|相性がいい彼氏を見つける方法も解説

あなたの周りに、相性がいいカップルはいますか? そしてどのようなカップルを想像しますか? 相性の良し悪しは他人からわかりづらいですが、特徴を知っておけば自分自身も相性のいいカップルになれるかもしれません。

そこで今回は、相性がいいカップルの特徴、相性がいい彼氏を見つける方法を紹介します。

 

相性がいいカップル
Instagram@_hnk.baby_

相性がいいカップルの特徴5つ

まずは、お互いに相性がいいと感じているカップルの特徴を紹介します。一見、相性がよくないと感じるカップルでも、心が通じ合っていることは少なくないのです。

 

①愛情表現や言いたいことを言葉にできる

・好き、可愛い、かっこいい、早く会いたいなどの「愛情表現」
・デートでどこに行きたい、何をしたいなどの「意見」

これらを、お互いに嘘偽りなくコミュニケーションがとれるカップルは相性がよいでしょう。付き合っているのだから当たり前だと思う人もいますが、嫌われたくない、好かれたい気持ちで本当のことを言えない人がいます。

付き合って何年経っても心から好きと言い合えるカップルは、特に相性がいいといえるでしょう。

 

②いつでもイチャイチャしているわけではない

相性がいいカップル=いつでもどこでもイチャイチャしているわけではありません。相性がよく、見えない部分で心が通じ合っているからこそ、人前でラブラブな姿を見せる必要がないのです。

他人から見ると、ふたりが素っ気なく見えることはありますが、会話をしなくても表情で相手の心を読めるなど相性がいいからこその言動は見られるでしょう。

 

③同じ空間に無言でいても気まずさがない

・飲食店での待ち時間
・ドライブ中の車内
・自宅でゆっくりしているとき

このように同じ空間にいて無言の時間があっても、気まずくなくお互いマイペースに過ごせるふたりは相性がいいカップルです。

相性が悪く気まずさを感じていると、どうでもいいことを質問してみたり必死に話しかけ続けたりしてギクシャクします。

無言のふたりは空気が張り詰めているように見えますが、相性がいいからこそ無言でいられる居心地のよさがあります。

 

④譲れない部分や価値観に共通点がある

趣味・嗜好が違うカップルでも、絶対に譲れないことや人として大切にしていることの価値観が合うふたりは、相性がいいカップルといえるでしょう。

・自分の家族に対する関わり方や距離感
・働き方や勉強についての価値観
・恋愛の価値観
・金銭感覚

このように、性格や大切なこと、優先順位がぴったりと合うカップルは相性がよく、交際が長期間続くことも珍しくありません。

 

⑤会わない期間があっても不安を感じない

仕事で忙しいときやちょっとした言い合いで数日間距離を置くときなど、会えない期間があってもお互いに不安を感じないのなら相性がいいカップルです。

相手を信用していないカップルだと、しつこくLINEや電話をしたり相手に考える時間を与えず会おうとするなど、会わない期間がストレスになります。

会わない時間を有効活用できる心の余裕や、いつか連絡が来ると相手を信頼して待てることは、信頼関係が築けていて相性がいい証拠です。

 

男性が「彼女と相性がいい」と感じる瞬間

男性は、どのようなときに彼女と相性がいいと感じるのでしょうか。紹介するポイントに当てはまれば、あなたと彼氏は相性がいいカップルです♡

 

①LINEや電話をしようと思っていたタイミングが同じだった

男性が彼女に連絡をしようと思った瞬間、彼女から電話やLINEがくると、少しだけ相性がいいと感じるでしょう。1回、2回なら偶然ですが、何度も同じことが起こっているなら相性がいいのかも。

生活リズムが同じで、ふたりが同じ時間帯に相手のことを思い出しやすい点は、相性がいいカップルの特徴ともいえます。

 

②彼女が先回りして用事を済ませてくれていた

気遣いができる彼女は、彼氏が何をしようとしているのか、どうしてほしいのかを読み取り先回りして行動をします。

彼女からすると「彼氏のために何かしてあげたい」と思う気遣いです。しかし、男性から見ると「自分をわかってくれている、愛されている」と相性がいいと感じるでしょう。

相性のよさは直感や感覚だけではなく、気遣いの面から作り出すこともできますよ♡

 

③キスやハグをしたくなるタイミングが同じ

カップルであれば、キスやハグといったスキンシップをしますよね。たとえば、キスをしてほしいと思っていたとき、言葉にしていないのにふいにキスをされた……このようなタイミングのよさは相性がいい証拠です。

スキンシップはその場の雰囲気もありますが、相手の表情、話し方、体の距離感で相手の気持ちを理解できます。

彼氏が「彼女とキスをしたい」と思っていたタイミングであなたからキスをすれば、相性がいいと感じてドキドキするはずです♡

 

相性がいい彼氏を見つける方法

今彼氏がいない女性は、次こそ彼氏と相性がいいカップルになりたいと思いませんか? 相性がよくラブラブなカップルになるには、以下のポイントをチェックしてみてください。

 

①長時間のデートを何度も経験して居心地のよさを確認する

夜の食事だけのデート、ランチやカフェで軽く食事のように短いデートだと、相手の素の部分は見えづらいものです。朝から晩まで1日中遊ぶような長時間のデートを何度も経験して、彼がどのような性格であるかを探ってみてください。

人間は、疲れているときや慣れてきたころに本当の姿がわかります。朝は機嫌がよかったのに、時間が経って疲れてきたらあからさまに態度が悪くなるなど、問題が見えてくるかもしれません。

 

②子どものころの思い出や趣味などたくさん話し合う

子どものころや学生時代の思い出、趣味や好きなことなど、彼の素が見える話を聞くこともよいでしょう。特に子どものころの話は、家族への気持ちや育ち方もわかるため、普段は見えづらい心の相性もチェックできます。

趣味や好きなことは、相手がどのような価値観があるか把握できそう。趣味の話は、恋愛との優先順位やお金の使い方もチェックできるため、相性をチェックするために欠かせないポイントです。

 

③過去の恋愛や恋愛観について探ってみる

過去の恋愛や元カノについて探ると、彼の恋愛観についてよくも悪くもたくさんのことが把握できます。どのような女性が好きなのか、どういうデートをしてきたのかを知れば、彼女になった自分も想像しやすいはず。

しかし、過去の恋愛について話すことを嫌う男性もいます。無理やり話を聞き出すことはNGです。

 

相性が悪いカップルにありがちな特徴

最後に、相性が悪いカップルの特徴を紹介します。このようなカップルにならないために、覚えておくとよいでしょう。

 

①信用されていない・信用していない

・相手の言葉に裏があると思い、常に疑っている
・予定を伝えられても浮気かもしれないと不安になる
・一緒にいないときのLINEや電話の頻度が高い(いまどこにいるの?など)

このように、信用し合っていないカップルは相性がよくないでしょう。どれだけ長く付き合っていても信用しきれず、ことあるごとに疑ったり嫉妬したりするのであれば、幸せな恋愛とはいえないかもしれません。

 

②嫌われたくないあまり自分を犠牲にする

言いたいことをその場ですぐ言えず、気を遣い合うカップルは相性がいいとはいえないでしょう。気を遣うというと相手を思いやるポジティブなイメージがありますが、自分を犠牲にするような気遣いは相手のためではありません。

相手の希望ばかりを叶える、相手へのアドバイスや指摘を極端に怖がる人は、自分を犠牲にしています。彼氏がいても恋愛に疲れてしまい、つらい交際期間になりそうです。

 

③喧嘩をしたあとLINEをブロック・無視する

カップルであれば、たまには喧嘩するもの。喧嘩の末にLINEをブロックしたり無視したりするカップルは相性がよいとはいえません。

ブロックや無視は、話し合いやコミュニケーションを拒否する行動です。相性が悪く本当のことを話せない、会話が面倒くさくLINEを拒否して解決を諦めようとします。

喧嘩→LINEを無視→話し合いをせずぐだぐだのまま仲直り。これを繰り返すカップルは、コミュニケーションのとり方を考え直したほうがいいかもしれませんね。

 

相性がいいカップルを目指すならお互いをもっと知ろう!

相性がいい・悪いを知るためには、お互いの思考や価値観を深く知る必要があります。相性がいいカップルになりたいのであれば、気遣いをせず深い部分で本音を話し合いましょう。

相性がいい彼氏を見つけたいのであれば、直感や外見で好きになるのではなく、価値観が合うか、居心地がいいかをチェックしてみてくださいね。

Text_Ayumi