bis

bis

Mote

Mote / 2020.12.06

冷却期間の経過で男性心理は変わる! 彼の心を理解すれば復縁のチャンスあり

彼氏と別れたあとの冷却期間は、ただ落ち込んでいるだけではいけません。

彼が何を考えているのか知りたいときや復縁をしたいときは、冷却期間中の男性心理を把握しましょう。

そこで今回は、冷却期間が経過中の男性心理と効果、復縁につなげるためのポイントを紹介します。会えない時間に男性心理を理解しておけば、ベストな復縁のタイミングを掴めますよ♡

 

冷却期間男性心理
Instagram@jam___pam

 

そもそも冷却期間ってどんな状態のこと?

恋愛における冷却期間とは、別れや喧嘩などの理由で、一切連絡をとらない・会わない期間を指します。

カップルによっては、別れてはいないけど距離を取っている時間を「冷却期間」と言う人もいるでしょう。

電話やLINEを一切しないので、相手がどのような状況にいるのかも把握できない状態です。

 

冷却期間中の男性心理! 別れた直後から1年後までの気持ちの変化

喧嘩別れ・すれ違いで別れたときの、冷却期間中の男性心理を紹介します。

 

【別れた直後】開放的な気持ち

別れた直後、男性は「やっと別れられた!」と清々した気持ちに満ちています。彼女と別れたことで、自由の身になったと開放的な気分でしょう。

次はどんな彼女にしようか、マッチングアプリでも始めてみようかと考えたり、休みの日はひとりでゆっくりしたりと、彼女にしばられない時間を満喫しています。

 

【別れから1週間】ひとりが当たり前になる

1週間も経てば、彼女からの連絡がないのも当たり前になってくるころ。開放的な気持ちも落ち着いてきて、ひとりだったころの生活に戻っているはずです。

このとき、さみしさや後悔もなくただひとりの時間を過ごしているだけといえます。

 

【別れから半月】休日がさみしくなる

彼女と別れて半月もすれば、彼女のいない休日がつまらないものに感じています。休みのたびに彼女とデートをしていたのに、それがなくなってしまうとさみしさを実感。

復縁したい、後悔しているという気持ちはそれほど強くはないものの、休日をどう過ごすかで悩む男性も出てきます。

 

【別れから1カ月】さみしさ・不安が押し寄せる

彼女と別れて1カ月が経ったころ、彼の気持ちにはさみしさや不安が募っています。休日は暇、彼女はいない、これからどうしよう……とネガティブになっていることもあるでしょう。

1カ月はひとつの節目でもあります。新しい恋をスタートしようか、しばらくはひとりでいようかを決断をするタイミングになりそうです。

 

【別れから3カ月】彼女のことを思いだし後悔

彼氏が彼女に未練を持ったまま3カ月も経てば、「別れるんじゃなかった」と後悔しているかもしれません。

彼女との楽しい思い出、出会ったときの思い出、嫌だったことすらも今ではいい思い出に変わっているころです。

復縁ができるのか、新しい彼氏ができているのかなど、頭の中が彼女でいっぱいになる夜もあるでしょう。

 

【別れから半年】新しい恋人を探し始める・復縁がよぎる

別れて半年も経てば徐々に、新しい恋をスタートしようという男性も多いはず。そして、頭に復縁がよぎるものの「半年も経っているから……」と諦めてしまう人もいます。

このころになると、さみしさや後悔よりも、新しい恋愛へのワクワク感も湧いてくるので、復縁できる最後のチャンスになるかもしれもしれません

 

【別れから1年】彼女のことは忘れ始める

1年の月日が流れれば、かなりの大失恋ではない限り、彼女との恋を思い出すことはほとんどないでしょう。

別れた日のことを思い出しても、後悔やつらさで胸が痛くなることも少なくなります。

1年以上経つと、新しい彼女ができている可能性があるかもしれませんね。

 

復縁につながる? 冷却期間の効果とは

彼氏は冷却期間中、いろんな気持ちを抱えています。冷却期間の効果を理解し、有意義な時間にすれば復縁が近づくことでしょう。

 

①別れた原因を分析できる

冷却期間は、恋愛での失敗や別れた原因を客観的に分析できる期間です。ひとりだからこそ冷静になれるので、自分や恋人の何が悪かったのかをじっくりと自問自答できます。

どうすれば別れずに済んだのか、自分の過ちはなんだったのかなどを考える機会になるので、復縁をするなら必要な時間ともいえます。

 

②別れた恋人に対する気持ちを考えられる

ひとりでいれば、必然的に別れた恋人のことを考える時間もあるはずです。一緒にいるのが当たり前だったものの、自分にとって恋人は必要な存在かを考えるきっかけになるでしょう。

一緒にいると、情が湧いて別れられないこともあり正しい判断ができないことも少なくありません。冷却期間中だからこそ気づけることもあり、相手への感情を整理する時間になりそうです。

 

③新しい自分に生まれ変われる

自分の過ちを振り返ったり、次の恋愛で生かすことを考えたりすれば、徐々に新しい自分に生まれ変わります。

成長は目に見えませんが、失恋のつらさや後悔は、人を育ててくれる栄養のようなもの。

冷却期間中に客観的に自分を見返すことができれば、人としてレベルアップしていることでしょう。

 

冷却期間中に復縁するための3つのポイント

冷却期間中の彼氏と復縁をしたいのなら、切り出すタイミングと覚悟が必要です。復縁を成功させたいのなら、3つのポイントをチェック!

 

①しつこく追わない

冷却期間中は、彼女に対して「復縁したいけど、また別れるかも」という不安があります。

彼女から連絡が来れば嬉しいものの、しつこく会おう、よりを戻そうと言われるのは素直には喜べないのです。

彼が復縁で迷っているなら、あなたが追うよりも彼の心のタイミングを見ながら、彼に追われるようにすれば復縁が近づくかもしれません。

 

②ベストなタイミングで連絡する

冷却期間中の男性心理は、時間が経過するごとに変化します。復縁の連絡をするのなら、別れてから1カ月から半年の間がベストです。

早すぎても遅すぎても、男性にとってベストなタイミングにはなりません。復縁をするなら、男性心理に沿ったタイミングを確実に選びましょう。

 

③同じ過ちを繰り返さない努力をする

一度別れたカップルは、再度同じことが原因で別れることは少なくありません。異性にだらしないことや、許せないくせ、約束を破るなど、別れにはさまざまな原因があります。

・どうすれば別れた原因を繰り返さないのか
・ふたりで何を気をつければいいのか
・もし次喧嘩したときはどうすれば別れないのか

といったことを、ふたりでよく相談して復縁すれば、同じ過ちを繰り返さないで済むはずです。

 

冷却期間によって男性心理は変化する!

冷却期間は、ふたりの関係を冷たくするものではなく、冷静に自分たちを分析する期間です。

男性心理は、別れた直後・一週間・1カ月・3カ月・半年以上と冷却期間の経過によって、徐々に新しい恋に向かったり復縁を願ったりと変化します。

心理とその変化を読み取ることができれば、後悔のない恋愛ができるはずですよ♡

 

Text_Ayumi