bis

bis

Mote

Mote / 2020.11.23

自分のことを話す男性心理は○○だった! 会話から見る脈あり度をチェックしよう

自分のことを話す男性は、自分のことを理解してほしいだけではなく、女性にある感情を伝えたいという心理が働いているとご存じですか?

信頼している、好意を抱いている、仲がいい人と思っている……などさまざまな感情を持ちながら話しているんです。

そこで今回は、自分のことを話す男性心理と、話の内容別「脈あり度」について紹介します♡

 

自分の事を話す男性心理
Instagram@na5s7k8

 

自分のことを話す男性心理はどんな状態?

「この人、私にすごく話しかけてくる……」と感じるときってありますよね。自分のことを話す男性は、どのような心理・感情を抱いているのでしょうか?

 

自分語りが大好き

日常の出来事から仕ことやプライベートな話まで、とにかく自分に関することをなんでも話したいという男性がいます。

女性に好意を抱くなど、特別な感情があるわけではなく、自分が話しやすいと思う人なら誰にでも話してしまうのです。相手の手を止めさせてまで一方的に話してくる人の場合は、特に好意については考えなくてもよいでしょう。

 

女性に好意を抱いている

・あなたにだけ話しかけてくる
・話すときの距離が近い
・男性から近づいてきて喋る

このような特徴に当てはまって自分のことを話してくるのなら、あなたに好意を抱いている確率が高いといえます。

たとえば、仕事をしているとき隣の席に座って話しかけてきたり、休憩中に声かけをしてくれたり……こんなシチュエーションが多いでしょう。

 

暇つぶし中

好意・悪意もなにもなく、ただ男性が暇なので話していたというのも考えられます。

何度も話しかけてくるのなら、好意はなくてもあなたが話しやすい相手、聞き上手だということは認識しているはず!

今は好意を抱かれていなくても、あなたから質問をしたり恋愛の話をしたりすれば、彼はあなたに興味を抱く可能性があります。

 

話の内容別! 男性が抱いている感情・心理とは

男性が自分のことを話すとき、女性に対していろいろな感情を抱いています。話の内容から見る脈あり度をチェックしてみましょう。

 

【脈あり度50%】過去の自慢話

ちょっとやんちゃな男性や年上の男性にあるあるなのが、「昔は悪かったんだよね」「学生のころは……」という過去の自慢話。

これは女性に見栄を張りたい、自分を大きく見せたいという男性心理で、自分がいかにすごいかということを言いたいだけなのです。

自慢話をされたときは、ほどよく褒めつつスルーしておくとよいでしょう。

 

【脈あり度50%】職場内で仕事の話

同じ職場の男性と仕事について話すのは、ごく一般的なことですよね。そのため、好意を抱いているかどうかは判断が難しいでしょう。

ただ仕事の話をするとき、距離が近いとき、目をじーっと見てくるときは、脈あり度は75%くらいにアップしそうです♡

 

【脈あり度60%】何げない日常の会話

何げない日常の話をする仲ということは、お互いがそれなりに心を許している証拠といえます。

・グルメの話
・テレビの話
・最近の話題

このようなことを普段から話しているなら、これから恋愛関係に発展する可能性も0ではありません。よりプライベートな話をすれば、今以上に親交が深まりそうですね♡

 

【脈あり度60%】自分の家族・友人の話

自分ではなく家族や友人など周囲の人の話をするのは、「自分についてもっと知ってほしい」という心理の表れでもあります。

自慢話とはまた違う「知ってほしい」という欲求で、プライベートなことや自分の心の深い場所を、あなたに理解してほしいのです。

一方的な自慢話よりも、家族・友人の話のほうが脈あり度は高めです。

 

【脈あり度75%】悩みの相談

男性から悩みの相談を受けるのは、相手があなたを心から信頼できる人と認識しているから。

人間関係・仕事・人生についての話などは、誰彼かまわず話すことはできないので、限られた人にしかしないはずです。

しっかり話を聞いてアドバイスができたのなら、あなたに対する信頼度がさらにアップするでしょう。

 

【脈あり度75%】ふたりの共通の話題

・共通の趣味
・小さいころ、学生時代の話
・ふたりしか理解できないディープな話

このようなことを話しているのなら、男性はあなたに対してかなり興味を抱いて、心が打ち解けていると感じているでしょう。

ふたりしかわからない話だと、ほかの人が話に入り込めないので、周囲から見るとイチャイチャしているように見えるかも♡

 

【脈あり度80%】現在・過去の恋愛について

異性に自分の恋愛観や過去の恋愛経験について話すのは、相手を異性として意識している証拠。

男性から好きな女性のタイプ、元カノの話をしてくるのなら、あなたに興味を持ってほしいという心理が働いているのです。

お互いが同じくらい恋愛について話し合える仲になれば、両思いになるまでもう少しかもしれません!

 

表情&喋り方からわかる男性心理

会話の内容からも男性心理や感情が読み取れますが、実は表情と喋り方からも心理が読み取れます。

男性と話すときは、3つのことをチェックしてみてくださいね。

 

①まばたきが多い

まばたきが多いときの心理は、

・緊張している
・動揺している
・嘘をついている

このような状態です。自分のことを話しながらたくさんまばたきをしているのなら、あなたと話すことに慣れていなくて緊張しているのかも。

好意を抱いているためドキドキ感が高まっている、恥ずかしくてうまく話せないという男性心理に加え、会話の内容によっては見栄を張るために嘘をついているという可能性も考えられます。

 

②口元を隠す

口元を隠しながら喋る男性の心理は、隠したいことがあるという意味があります。

隠すというと、嘘・やましいことというイメージがあるかもしれませんが、好意を隠したい、好きバレしたくないということにもなります。

 

③髪を触っている

会話中、頻繁に自分の髪の毛に触れる男性は、

・話が退屈
・ほかのことを考えている
・緊張している

という心理状態。そのため、あなたに対して現時点ではあまり興味を抱いていない可能性があります。

ただ、緊張状態が高まったときの癖としてつい髪の毛を触ってしまう男性もいます。表情や話の内容からも、男性心理を読み取ってみてくださいね。

 

話の内容で男性心理を読み解いて♡

男性心理は、話す内容や仕草からある程度読み取ることはできます。

自分のことばかり話す男性は「マイペースな人だな」と感じてしまいますが、あなたに好意を感じてほしいからかもしれません。気になる男性と話すときは、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

 

Text_Ayumi