bis

bis

Mote

Mote / 2020.10.31

視線を外さない男性心理が知りたい! 彼の視線から脈あり度をチェックしよう

「目は口ほどに物を言う」というのは本当のことで、視線や目の状態から感情を見抜くことができます。

マスクをしていても、見ている方向、まばたき、眉をひそめるなど、目がどんな動きをしているかはわかりますよね。この記事では、視線を外さない・見つめる男性の心理とあなたへの好意の有無について紹介します!

Instagram@_hnk.baby_

 

女性から視線を外さないのは何かしらの感情を抱いている⁉︎

視線を外さないのは、あなたに何かしらの気持ちを伝えたいときです。視線の理由がポジティブなものかネガティブなものかはわかりませんが、相手の心理を読み取ろうとするのは、コミュニケーションとして大事なこと。

でも、目が合う、視線を感じるというのは、常にいい意味とは限りません。「目が合っちゃった♡」とキュンとしていても、男性としては「嫌な女の子だな」と思いながら見ていた……ということもあるのです。

視線から男性心理を読み取ることは、相手にアプローチをするきっかけになったり、自分の態度を改めるチャンスになったりと大きなメリットがあります。まさに「目は口ほどに物を言う」ということですね!

 

視線を外さない男性心理と理由5選

目が合うことや何げなく見つめるのはよくあることですが、視線を外さないときって「言いたいことがあるの?」と思いますよね。まずは、視線を外さない男性心理と理由を見ていきましょう。

 

(1)気になる女性を眺めていたい

気になる人や素敵な人をついつい見たくなってしまうのは、男女共通のこと。

視線を外さないというより、もっと見たい! 視線を外せない! という感情に近いでしょう。こんな男性は、近くを通ったとき、あなたがほかの男性と話しているとき、表情や喋り方を観察しているかもしれません。

好意を抱いている男性からじーっと見つめられたなら、ニコッと笑顔で返すと彼の心を掴めるチャンスになりますよ♡

 

(2)自分の存在に気づいてほしい

誰か対して熱心に視線を送るのは、気づいてほしい・把握してほしいという心理状態のときにありがちです。異性としての好意に加え、仕事を手伝ってほしいときなど、声を出せないときに視線で合図を送るパターン。

話しかけられない状況で目が合ったとき、何かを訴えかけている雰囲気があったのなら、存在をアピールするための視線といえます。

 

(3)よくも悪くも気になる見た目をしている

・顔が可愛い、好み
・髪の色が明るい
・メイクや服装が派手
・疲れている顔をしている

このように、男性にとってあなたが気になる見た目をしている可能性があります。見たい気持ちはなくても、本能的に目で追ってしまうのです。

毎日見られるわけではなくたまに見られるのなら、その日はなんらかの理由で目立っているのかもしれません。

 

(4)話しかけたい・話しかけてほしい

職場でありがちなパターンですが、あなたに話しかけたいとき「取り込み中じゃないかな」「忙しそうじゃないかな」と確認するときに、つい見てしまうこともあるでしょう。

何かしらの用事があって様子をうかがっているので、何度も見たり長い時間視線を送ったりすることがあります。仕事中、年下の男性社員、新人社員から見つめられるようであれば、この男性心理の可能性が高いでしょう。

話しかけられる状況になったら「さっきはどうしたの?」と聞いて、心理を探ってみてくださいね。

 

(5)人を見つめるのが癖だから

何かしらの感情があって視線を外さない……というのではなく、じーっと人を見つめてしまうのが癖になっている人もいます。その人の癖なので、年齢や性別は関係なく目に入ったからつい見てしまったのです。

もちろん好意などはなく、ぼーっと見ていたら偶然にも視線が合ったという状態。普段からよくぼーっとしている男性、ほかの人も見つめている男性なら、好意や心理を気にする必要はないでしょう。

 

視線の送り方でわかる脈あり度!

何度も目が合う人や、気になる男性からの視線の理由が知りたいのなら、視線を観察してみましょう。視線の送り方をもとに、あなたに対する脈あり度を調べる方法を紹介します。

 

目が合うと微笑む:脈あり度80%以上♡

目が合って視線を外さないまま男性から微笑んでくれたのなら、脈あり度はかなり高め! 話したことがない人でも、これまでずっと気にかけていたのかもしれません。

注意点としては、苦笑いや愛想笑いのようなものなら、困ってとりあえず笑っただけの可能性があること。脈あり度をチェックするなら、笑顔の度合いもしっかり観察しましょう。

もし純粋な微笑みなら、あなたから積極的にアプローチをしても失敗することはないはず!

 

ガン見する:脈あり度65%以上

ガン見して視線を外さないのなら、あなたに対してポジティブな感情を抱いている可能性は高いでしょう。

ガン見されると「怖い……」と感じるかもしれませんが、あなたをガン見したくなるほど、気になるし見ていたい存在なのかもしれません。

嫌い・面白がって見ているだけなら、目が合った瞬間にそらすはず。目が合ったあとの表情や視線も忘れずにチェックしましょう。

会話を楽しむ余裕があるときは、「私の顔に何かついてる⁉︎」と冗談交じりで話して仲を深めるチャンスを作るのもいいかもしれません。

 

会話中に目をそらさない:脈あり度50%

会話中に目がそらさないだけで、好意の判断するのは難しいもの。男性心理としては、

・話にしっかりと耳を傾けたい、理解したい
・気になる女性だから見てしまう
・ほかに見るところがないので目を見ている

以上の3パターンが考えられます。

・質問をして話を深掘りしようとする
・「そうだよね」のような肯定的な相づちを打つ
・表情が緊張せず笑顔

このような言動があるのなら脈ありととらえてもよいでしょう。ただ目を見続けている、ワンパターンな相づちだけなら脈はなく、話を聞いているだけといえます。

男性が脈あり行動をしているのなら、会話の中にプライベートな話も混ぜて仲よくなるきっかけを作ってみるのもありです。

 

真顔で見つめる:脈あり度50%

あなたに対して言いたいことがあるなら、笑ったり怒ったりする表情をしますが、真顔なときは何を考えているのかわからないですよね。真顔で見つめているのは、感情を読み取られたくないという理由があるから。

照れて好意を隠したいのか、嫌いなことを読み取られたくないかはわかりませんが、心は開いていない状態といえます。

真顔だから嫌われているというわけではないので、表情や話し方などほかの要素から感情を読み取る必要がありそうです。

 

見ていないときに見られる:脈あり度50%

あなたが見ていないときに見られる状態では、男性がどんな視線を送っているのかわからないですよね。

「なんだかやけに視線を感じるな……」というだけでは好意かどうかはわからないので、いろんな可能性を考えてみましょう。見ていない間だけ視線を外さないのは、こんな理由があるからかも。

・ただ面白がって見ているだけ
・好意が気づかれるのは恥ずかしいけど見ていたい
・見た目で気になることがある

どうしても気になるなら、本人や身近な人に「私って何か気になるところがある?」と聞いてみるとよいでしょう。

 

視線から男性心理を探ろう!

視線ひとつで、恋愛感情や喜怒哀楽などさまざまな気持ちが読み取れます。ただ、男性が視線を外さないのは好意的な意味ばかりではないということ。

「見られているかも」と感じたときは、視線と言動から男性心理を読み取ってみましょう♡

Text_Ayumi