bis

bis

Interview

Interview / 2021.03.12

【日韓ボーイズカップルTaiki & Noah】出会いと“愛”をインタビュー「僕達は愛する人と一緒にいる普通のカップル」

今、最も愛に溢れているふたりにスペシャルインタビュー。お互いがモデルとして活躍し、ファッションアイコンとして注目の日韓ボーイズカップル、TaikiさんとNoahさんが登場! ふたりの愛と絆の物語をご紹介します。

最初はお互い、まったく興味がなかったふたり。Taikiが日本に帰るとき、ちょっとしたドラマが……


【NOAH】ベスト¥50,000/テンダーパーソン シャツ¥21,000、シューズ¥26,000/ともにディーゼル(ディーゼル ジャパン) パンツ¥32,000/フィンガリン ピアス¥36,000/ポートレート リポート(ワールドスタイリング)

【TAIKI】ジャケット¥82,000、パンツ¥34,000/ともにリトルビッグ シャツ¥24,000/タイラー マック ギリヴァリー(オリエンス ジャーナル スタンダード シブヤ) ピアス¥46,000/ローマニン(フィルグ ショールーム) ネックレス¥55,000/ポートレート リポート(ワールドスタイリング) ソックス¥2,200/フレッドペリー(フレッドペリーショップ東京) シューズ¥12,000/プーマ

 

Taiki 僕がモデルの仕事で韓国に行ったときに、共通の友達の紹介でNoahと知り合ったんだよねそれがもう5年前。

Noah 最初はお互い、まったく興味がなかった(笑)。

Taiki Noahが当時住んでいた梨泰院は韓国でも有数の歓楽街。僕と友達が梨泰院で遊んでいて、深夜、Noahの家に突然行ったんです。そしたら、Noahは寝ていたのか、かなりだるそうな感じでした。僕は申し訳ないと思いながら、挨拶だけして、その日は帰ったんだよね。

Noah 僕も「あの日はなんだったんだろう」「あの日本人は誰だったんだろう」と思いながら、次にTaikiに会ったのは1週間後くらい。同じ友達に「ラーメンを食べに行こう」と誘われて行ったら、またTaikiがいて、改めてきちんと話しました。話しているうちに似ていると思えることが多くて、「この人だったら」と意識し始めたかも。

Taiki 韓国にいる間に何回かふたりで遊びに行ったよね。僕もNoahをいいなと思っていたけれど、付き合うとなったら、住んでいる国も違うし、遠距離になる。正直、付き合うというリアルな感覚ではなかった。でも、最終的に僕が日本に帰るっていうときに、ちょっとしたドラマがあって、お互い惹かれ合ったのかな。

Noah Taikiが日本に帰る前日、最後の夜だからとかなりお酒を飲んだんだよね。僕は「明日、空港まで送りに行くよ」と言っていたけれど、飲みすぎて潰れてしまって、起きられなかった……。

Taiki 帰国日にNoahとまったく連絡が取れなくなった。でも、僕は最後に一目だけでも会いたいと思ったから、直接Noahの家に行きました。それで最後に「じゃあ、またね」と言って、別れました。

Noah 僕はもう二日酔いで、具合が悪かったから素っ気ない態度で(苦笑)。

Taiki「海外ロマンスなんてこんなもんだよね〜」と思いながら少ししょんぼりして、ひとりで空港に向かうバスを待っていました。そしたら、パジャマ姿で財布だけ持ったNoahが走ってやって来た。結局、Noahは空港までそのままの格好でついて来てくれて、見送ってくれました。そこで僕の気持ちも固まった感じですね。僕が日本に帰国して約1カ月後に、また韓国でモデルの仕事があって、再会したんだよね。

Noah さらにその1カ月後に僕が日本に行って、日本で一緒に住み始めました。文化や生活の違いは感じたけれど、だんだん慣れていったかな。

ふたりの性格は真逆です。だからこそ、5年付き合えているのかも。

Taiki Noahは韓国人だけど、ドイツに2年住んでいたし、僕もパリに1年住んでいた経験もある。他にもいろいろな国で仕事をしていたので、そうした国際感覚は合うし、似ている部分があるとも思ったのですが、実際に一緒に暮らし始めると、ぜんぜん違ったよね(笑)。

Noah ふたりの性格は真逆です。Taikiはとにかく優しくて、物事をダイレクトに言わない。思っていること自体もあまり人に言いません。その逆が自分ですね。

Taiki 確かにNoahは思ったことを何でもハッキリ言うよね。

Noah 真逆だからこそ、5年付き合えているのかも。似ている性格ならこんなに長く付き合えなかったかもしれないし、お互い自分にない部分に惹かれ合っているのかなとは思います。

Taiki 喧嘩をすると言い合うこともあるけれど、Noahは静かに怒るタイプなんです。僕は喧嘩すること自体に慣れていないので、どうしたらいいかわからず、ただ震えちゃうんです(笑)。どうやって感情を表に出したらいいのかわからない……。

Noah だからこそ、喧嘩になったらじっくり時間をかけて、しっかり話すようにしているんだよね。

Taiki ある程度お互いが納得するところまで突き詰めて話して、和解するっていう感じだよね。今は住んでいるところも同じで、プライベートもモデルの仕事も一緒にしているので、たまに喧嘩をしたまま仕事に行くこともあります。仕事ではふたりの空気感がどんなに悪くても笑うようにしていて、仕事がきっかけで仲直りすることも(笑)。Noahは物事をハッキリ言えるので、すごく羨ましいし、尊敬しています。強いけど優しいところなど、僕はそういうNoahの“ツンデレ”な部分に惚れちゃっているのかも(笑)。あと、語学が堪能で、頭がいいのもすごいと思っています。

Noah Taikiのすごいところは、とにかく真面目なところ。仕事への姿勢も尊敬しているし、何に対しても真剣に取り組む。ちょっと嫌なことが起きても、ポジティブに考えられるところも、見習いたいと思っているよ。ただ、Taikiは優しいからこそ、あまり自分が考えていることを言わないから、もっと物事をハッキリ言ってほしいかもしれない。「大丈夫、大丈夫」と言っていても、いろいろと考えすぎて、抱え込んでしまうくらいなら、思ったことをそのときに言ってくれたらうれしいな。

Taiki わかった! 努力してみるね。

Noah 僕達は男性同士のカップルだけど、自分自身は自分をマイノリティだと思っていない。自分にとってはこれが普通だから。LGBTQについて、いろいろ聞かれることもあるけれど、愛する人と一緒にいる普通のカップルだから、自分達を特別だとも思っていないんですよね。

Taiki 僕は自分がゲイだからといって、嫌な目にあったことはほぼないんですよ。偏見や差別も昔はあったのかもしれませんが、今は情報も多いし、若い子ほど考え方が柔軟になってきて、多様性を受け入れるようになっているのかなとも思います。僕は自分自身を大切にすることと、自分の愛する人を大切にすることが重要なのかなと思っています。

Noah これからもふたりで協力し合って、公私ともに生きていきたいと思っています。若いモデル達とも一緒に仕事もしたいしね。

Taiki そうだね。僕達も年齢を重ねてきたので、今後は若いモデルやタレントの育成、プロデュースなどもしていきたいという野望はあります。

Noah 僕達は自分がモデルとして表に出るだけではなく、サポートの仕事もしていきたいので、そのときはまたbisさん、取材してくださいね!(笑)。

Taiki プライベートの展望としては、早く日本の法律が変わって、同性同士でも結婚できるようになればいいなと思っています。パートナーシップ条例などがある自治体もありますが、法律として認められたらいいと思っています。

●Taiki
1987年北海道生まれ。身長187cm。ファッションモデル、DJ。パリ、ミラノ、NY、ロンドン、東京など世界各地の一流コレクション、広告、雑誌、CMなどワールドワイドに活躍。

●Noah
1990年韓国生まれ。身長185cm。ファッションモデル、DJ。ミラノや東京のコレクション、広告、雑誌、CMなどで活躍。YouTubeチャンネル「TAIKINOAH」で動画を配信中。

あわせて読む

【ぺこ & りゅうちぇる】出会い、結婚、子育て……ふたりと家族の愛と絆を語る

【戦慄かなの & 頓知気さきな】性格は真逆だけど、感性は似ている。話題の姉妹が語る“愛”の話

【桃月なしこ & ニジマス・来栖りん】ツーショットインタビュー♡「ファンの子は、私達をカップルのように見守ってくれています」

Photo_Yudai Kusano Styling_Erica Mimura(TRON) Hair_Miki Masue Make-up_Youca Interview_Akiko Takada Edit_Miki Kuwamori