bis

bis

Fashion

Fashion / 2019.01.17

今年一番勢いのあるグループBiSHのアユニ・Dがスーツでクールに変身

本誌で好評連載中の「アユニ・D改造計画 〜ファッションセンスありすぎて困るマンへの道〜」。「ファッションセンスがない」とよく言われているらしいBiSHのアユニ・Dちゃんが、みんなをあっと言わせるくらいオシャレになって見返してやろうという強い強い(?)思いを込めた連載です。

bis webでの番外編第3回目に挑戦するジャンルは、「ゴスロリ」に続いて本人からの希望があった「スーツ」!

スタイリッシュにキメるジェンダーレス「スーツ」

みなさんこんにちはこんばんは。BiSHのアユニ・Dです。今回は、「スーツ」を着させてもらいました。2回目に着た「ゴスロリ」と同じで、「スーツ」も普段着る機会がまずないのと、着てる女性の方を見てカッコいいなと思ったので、この連載で着てみたいと思っていたんです。

 

メンズライクな「スーツ」って自分でも似合うかどうか全然想像がつかなかったけど、予想以上にスタッフさんから「似合ってる」と言われて。私服でも「スーツ」っぽい感じのセットアップとかなら、取り入れてもいいかなと思いました。

 

髪型は、「スーツ」に合いそうだなと思って、ヘアメイクさんに頼んでずっとやってみたかった髪型にしてもらったんです。片方のサイドだけ編み込みが入っているんです。

 

アユニ・Dは「スーツの似合う女性」になれる?

男性も女性もどちらも着られるから、ファッションジャンル的に「スーツ」はジェンダーレスに含まれるそうです。ジェンダーレスっていうジャンル自体は女性の社会進出と一緒に流行ったんですけど、今はもうその言葉自体が古くなってきてるって。今回も、またスタイリストさんが教えてくれました。

 

「スーツ」を着てる女性は、デキる人オーラが漂ってますよね。キャリアウーマン感というか。私もカッコいい女性になれたらいいな〜なんて思うんですが、まだまだそこに辿り着くまで道のりは長いなって。

 

私も「スーツ」を着たら、少しはカチッとした気持ちになったりするのかなとか思ったりしたんですが、ぜんぜんそんなことなかったです。きっと、ネクタイをしてビジネススーツみたいなものを着たら、そうなるのかもしれないですね。

それを着ている自分を想像できるかって? そんなの、簡単にできますよ。だって、ビジネススーツを着てる女性を頭に思い浮かべて、そこに自分の顔を当てはめればいいだけじゃないですか。……ダメだ、やっぱり想像できませんでした(笑)。

 

ライブ中のカッコいい自分とのギャップ

そういえば、よくいろんな人から「ライブ中のアユニはカッコいいから普段とのギャップがすごい」と言われます。でも、どこかで切り替えをしてる意識はないから、どっちも自分の本性というか、どっちも私そのものなんですよね。だから「ギャップがある」と言われても、自分ではよくわからないです。「そうなんですな〜」って感じです。

 

単純に「パフォーマンスすごいね」とか「ライブ中カッコいいね」と言ってもらえることに関しては、すごく嬉しいです。「褒めていただきありがとうございます。これからもっと精進します」って感じです。

トレンチコート ¥48,000 / DOUBLE STANDARD CLOTHING

 

 

プロフィール

10月12日生まれ 北海道出身 BiSHのメンバー。2月9日(土)の高知X-pt.を皮切りに「MONSTER biSH 2019 ~祝モンバス20周年!今年だって絶対出たいぞモンバス!!~」を開催。また、4月5日(金)のCLUB CITTA’を皮切りに「LiFE is COMEDY TOUR」を開催。

4月3日(水)には、’18年12月22日に開催され17,000人を動員し、BiSH史上最大規模となった幕張メッセ9〜11ホールでのワンマンライブの模様を完全収録した「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」Blu-ray&DVDが発売。

また、アユニ・Dソロプロジェクト「PEDRO」が始動。

 

公式Twitter:@AYUNiD_BiSH

 

公式HP:https://www.bish.tokyo/

 

 

  • photo

    Kojiro Hosoi

  • model

    AYUNi・D(BiSH)

  • styling

    Yu-ya

  • hair & makeup

    Yukiko Aoyama

  • text・edit

    Yuta Tsutsui

RELATED