bis

bis

Diet

Diet / 2018.09.13

いつでもどこでもできて、すぐに小顔になれるマッサージ、 “水流し”って?

「顔がむくんでいるかも」、「フェイスラインをすっきりさせたい」、「もっと小顔になりたい!」そんなときに、いつでもどこでもできて、すぐに小顔効果が期待できるマッサージ、“水流し”をご紹介します♡

 

水流しとは……

リンパ液のほか、細胞と細胞の間にある細胞間質液や、血液など、あらゆる体液を老廃物と一緒に流す(排出する)という発想のもと生まれた、むくみをすっきりさせたり、血行をよくしたりするハンドマッサージです。その方法はとても簡単! ただし、効果を出すためにはコツがあるので、まずはポイントをチェックしてください。

 

★水流しの3つのポイント★

①手のひらを肌に密着させて、必ずソフトタッチで行いましょう。

グイグイ強く押したほうが、リフトアップ効果が高いと思われがちですが、摩擦で肌を傷つけてしまったり、シワを作る原因になることもあるのでNG。水流しはソフトタッチで十分な効果が期待できるマッサージなのです。

②老廃物で汚れたお水が身体の外へ流れていくことをイメージしましょう。

「今、老廃物が身体の外へ出ていっている! むくみがとれて小顔になっている!」と考えながらマッサージすると、身体は脳のイメージ通りになろうとします。できるだけリアルにスッキリするイメージを持って行ってみてください。

③身体の中心に向かって手を動かしましょう。

顔の老廃物を排出する出口として、目指すのは鎖骨と鎖骨の間にあるリンパ節。顔をリフトアップするためには上に引き上げる動きのほうが効果的なような気がしますが、水流しの目的は老廃物を外に出すこと。身体の中心にあるリンパ節を目指して、つまり、顔の場合は下に向かって手を動かすイメージでマッサージしましょう。

 

♡顔の水流しの手順はこちら♡

 

STEP1:おでこ〜こめかみをやさしくさする×10セット

 

まずは左右どちらかの顔から行いましょう。右手→左手で交互におでこからこめかみをさすりましょう。これを10セット行ってください。手は肌に密着させて、こするのではなくやさしくさすることがポイントです。顔や手にクリームなどはつけなくてもOKですが、すべりをよくしたい場合はオイルやパウダーをつけるのもオススメです。

 

 

STEP2: こめかみ〜あごをさする×10セット

 

 

STEP1でこめかみまで流したお水(老廃物)を、今度はあごまで流すイメージでマッサージしましょう。右手→左手を交互に最低10セットはさすりましょう。

 

 

STEP3:目の下〜耳の前→耳の前〜あごの先までをやさしくさする×10セット

 

 

目の下は皮膚が薄くデリケートなので、中指と薬指の腹を使って優しくなでるようにマッサージしてください。右手で耳の前までさすったら、左手で、耳からあご先までをさすりましょう。これを10セット行いましょう。

 

STEP1〜3を、反対の顔も10セットずつ行いましょう。もちろん、10セット以上やってもOKです!  効果を実感したい方は、まずは半顔だけやってみて鏡で右の顔と左の顔を見比べてみてください。水流しをしたほうの顔はリフトアップして、目はパッチリ、肌の色もトーンアップしているはずです♡

 

教えてくれたのは……
古屋紀子さん
フェイシャルサロン・アングレーヌ代表。神戸小顔カレッジ認定講師。佐伯チズ公認セミナーインストラクター。古屋さんも講師を務める、その場で変わる小顔矯正「エンドリングフェイシャル」の体験会は、東京・大阪で毎月開催中。詳細はこちら♡
お電話での受付はこちら→☎06-7172-4282(担当:杉江さん)

  • text・edit

    bis

  • illustration

    ricotta

RELATED