bis

bis

Column

Column / 2020.03.24

小松菜奈&菅田将暉の主演映画【溺れるナイフ】原作をおさらい♡

リアルな心理描写と繊細なタッチの作画でbis読者に大人気な漫画、『溺れるナイフ(著:ジョージ朝倉)』の1巻を試し読み! 10代だからこその熱っぽさや、危うさを感じてドキドキさせてくれる作品。ジョージ朝倉先生ワールドにどっぷりと浸ってみて♡

 

第1話・前編「世界の始まり」

東京でモデルをする小6の美少女・望月夏芽。父親の都合である日とつぜん連れて来られたのは……。

第1話・前編はこちら♡

第1話・中編「世界の始まり」

田舎くさい同い年の女の子たち、何にも刺激のないど田舎。「こんなところで埋もれたくない」と居ても立っても居られない夏芽が出会うのは……。

第1話・中編はこちら♡

第1話・後編「世界の始まり」

夏芽の目にはコウは発光して見え、他の子たちとは全く違うように感じる……。同じく同級生たちの間でもコウは「特別な存在」。破天荒な行動ばかりをするコウに対して夏芽はある感情を抱き始める。

第1話・後編はこちら♡

第2話・前編「引力」

だんだんと小学校にも馴染んでいく夏芽。しかし、あることをみんなの前でコウに暴露されてしまう。

第2話・前編はこちら♡

第2話・後編「引力」

いじけた夏芽は東京に一人で帰ろうと決める! そんな時、駅に向かう山の中でコウに会い、散々自分の本音をぶつける。本音をぶつけたことで気がすんだ夏芽だったが……。

第2話・後編こちら♡

第3話・前編「絆」

東京に来たコウは地元と変わらずスルスルと人混みの中を進んで行ってしまう。そして久々にモデルとして仕事をした夏芽が感じた事は……。

第3話・前編はこちら♡

第3話・後編「絆」

久しぶりにモデルの仕事をした夏芽だったが、なにか足りないと思っていたものに気づき……。

第3話・後編はこちら♡

第4話・前編「焦り」

浮雲町に帰った夏芽に、マネージャーから有名カメラマン・広能晶吾に写真を撮ってもらわないかという話が来る。

第4話・前編はこちら♡

第4話・後編「焦り」

コウに相手にされない様子に悔しがる夏芽は、浮雲町で毎年行われる“火つけ祭り”で、出場できないはずのコウを大勢の中から見つける。コウの姿を見た夏芽は「私だって全部蹴散らしたい」とある決心をする。

第4話・後編はこちら♡

 

『溺れるナイフ』(著:ジョージ朝倉)
どうすればいいのかわからないけど、欲しいのはこの子だけだ――。小6の夏芽(なつめ)が越してきたのは、東京とあまりに違う田舎の町。そこで出会った一人の少年に、夏芽は自分の中の「何か」が、大きくうねるのを感じていた……。せめぎあい、追い上げ、追い込んでいく、破裂寸前の10代のこころを描いたジョージ朝倉の傑作長編!

コミック詳細ページはこちら♡

RANKING