bis

bis

Column

Column / 2019.05.18

美乳研究家が教える!美しいバストの5条件とは?

女の子にはバストの悩みがつきもの。あなたの抱えるバストのコンプレックスに、美乳研究家のMACOさんがお答えします。今回は美しいバストの条件についてお話しいただきました。

知っておいて損なし!美しいバストの条件とは?

その1. 垂れていないこと

美しいバストの条件の一つ目に、胸が垂れていないことがあげられます。自分のバストが垂れていないかどうかチェックするためは、ノーブラの状態でバストトップの位置がどこにくるかが判断基準となります。バストトップの位置が肘と肩のちょうど真ん中にくるようだったらOK。それよりも下の
位置の場合は、胸が垂れていることになります。

 

その2. バランスの取れた大きさであること

ただ大きければ美しいバストであるということはありません。美しいバストの条件2つ目は、バランスの取れた大きさであることが挙げられます。例えば、身長や骨格がある人は、ある程度バストも大きい方がバランスが取れて綺麗に見えます。

 

その3. バージスラインがあること

バージスラインとは胸の輪郭のこと。このバージスラインがないと幼い印象になってしまい、どんなに大きなバストでも美しいバストに見えません。合わないブラジャーをつけていると、バージスラインがなくなっていくので、美しいバストのためには正しいブラ選びが必要です。

 

その4. ほどよいハリがあること

美しいバストには程よいハリが欠かせません。硬いバストはもちろん、柔らかいバストは垂れやすくなるためNGです。マシュマロのような弾力のあるバストを目指しましょう。胸は冷えると硬くなるので、体を冷やさないよう気をつけて。また、柔らかすぎる胸はエクササイズで程よい筋肉をつけて
垂れないようにすることが大切です。

 

その5. 肌質が良いこと

どんなに形の良いバストでも、肌がガサガサでは魅力が半減してしまいますよね。触りたくなるような肌質であってこそ美しいバストと言えます。そのためには、バストもお顔と同じように毎日保湿をすることが大切です。お風呂上がりにはボディローションやオイルを塗るなどしてケアしてください。

 

Adviser

MACOさん

美乳研究家。プロボクサーやスポーツインストラクターを経て、運動・食・美容の知識や指導経験をもとに、小顔美乳メソッド「こがおっぱい®」を考案。芸能人も通う小顔&美乳サロン「MALOOVE」を主宰し、述べ1000人以上を施術。著書に「寝ながら美乳 つけナイトブラ (主婦の友生活シリーズ)」の他に「2週間でおっぱいがグングン育つ! うっとり美乳塾(主婦と生活社)」。

  • text・edit

    Ai Nishimura

RELATED