bis

bis

Column

Column / 2018.09.15

長濱ねるちゃんの「アイドル」論♡欅坂46の魅力も語ってもらいました

bis2018年9月号でカバーガールを勤めた、欅坂46 長濱ねるちゃん。歌やダンスだけでなく、ファッション誌やラジオ、バラエティ番組で活躍する彼女にとっての「アイドル」という職業や、欅坂46の魅力を語ってもらいました。

 

ねるちゃんにとって「アイドル」という職業とは

周りの人が喜んでくれると、「アイドルやっててよかったなぁ」って思います。地元、長崎のお仕事すると家族が喜んでくれるし、1個ずつのお仕事も「よかったね」って言ってもらえると嬉しいんです。ライブとか、ラジオのお仕事、可愛いお洋服着たりとか、そういう楽しい瞬間があるので頑張れますね♡10個大変なことがあったとしても、1つでも楽しいことがあると頑張れる。「ああ幸せ」とか「やっててよかった」ってことがあると 頑張れちゃいます。歌やダンス、こういうファッション誌の撮影とかラジオ、バラエティ…いろんな世界が見られるのはとても嬉しいなぁって思います。

 

欅坂の誰かがテレビ出てるのを見るのも、知ってる人が出ていて不思議って感覚。テレビの世界と、今自分がいる世界が違う感じがするんですよね。街を歩いているときに、ふと欅坂の広告を見かけると、違う自分がいるみたい。

 

欅坂46の魅力は?

アイドルが好きじゃない方でも好きって言ってくださったりとか、そういうの聞くととっても嬉しいです。今年の夏もロックフェスに出させていただくんです。すごく嬉しいなぁって思いますね。メンバーに関しては、シャイな子が多いと思います。可愛いですね、愛おしいです。

 
活動の幅を広げる彼女や欅坂46の、今後の活躍に期待が高まります♡

  • photo

    中里謙次

  • model

    長濱ねる(欅坂46)

  • styling

    八木下 綾(J styles)

  • hair & makeup

    河原洋美

  • Web Edit

    森下結衣