bis

bis

Beauty

Beauty / 2018.01.03

今一番愛されている女性、吉岡里帆の美しさの理由

かっこいい女性像というものを考えたときに、それはきっと男らしいということではなくて、可愛さと強さを併せ持つことを指すのではないかと思う。

今一番愛されている彼女のように。かっこよくて憧れる存在の、現代のプリンセスが大切にしている美の秘訣をお届け。

 

印象的な表情はリップメイクで作る

リップが好きで色々集めています。

18歳の頃くらいからなので、もう5年くらい続けていますね。

発色の良い化粧品が好きなんです。

日によって色々考えているのですが、

最近だと

マット系のものや、青みがかったような透明感のある赤色が気分です。

ベーシックなうすいベージュピンクも好きで、定番でよく使っています。

オレンジの主張が強くないベージュを選ぶのがポイントです!

 

RIHO’s Recommend item

 

A.

繊細なゴールドラメが輝き、唇の縦じわも目立たない。

インテグレート ジューシーバームグロス BR791¥1,000(編集部調べ)/資生堂

 

B.

レッドを効かせた、燃えるようなオレンジ。ひと塗りで大胆になれる。

SHISEIDO ルージュルージュ OR417¥3,600/資生堂

 

C.

軽やかにキスを誘う唇になる、程よい青みピンク。

マキアージュ ドラマティックルージュP PK321¥3,000(編集部調べ)/資生堂

 

D.

塗ると明るめのオレンジベージュで、甘さがにじむヌーディーな唇に。

マキアージュ ドラマティックルージュP BE300¥3,000(編集部調べ)/資生堂

 

E.

控えめなオレンジの発色で口元がパッと明るくなる。

マキアージュ ドラマティックルージュP OR414¥3,000(編集部調べ)/資生堂

<<bis 1月号 P4-7より一部抜粋>>

  • photo

    Ko-ta Shouji

  • model

    Riho Yoshioka

  • styling

    Aya Yagishita(J styles)

  • hair & makeup

    Sayoko Yoshizaki(NAP)

RELATED