bis

bis

Beauty

Beauty / 2019.02.10

10年後の自分のために!20代から始めたいシミケア

今はシミがなくても、どのタイミングでケアを始めるかで10年後の肌に差が出てしまうシミ問題。肌がキレイな人は一体どうしているのでしょうか?

美容皮膚科タカミクリニックの美容皮膚科医・山屋雅美先生に教えてもらいました。

 

20代のケアが30代の肌をつくる!

顔にシミやシワがないと「まだ平気」と思いがち。けれどもそれで安心してはいけません。まずはトラブル知らずの肌で見落としがちなポイントをチェック♪

 

1.ムリして美白コスメを使う必要はなし

シミなどが気にならないのであれば、美白化粧水や美白クリームなど高価な「美白コスメ」を使う必要はありません。

2.紫外線ケアが大事

外出の有無に限らず、日焼け止めをこまめに塗る、紫外線を浴びたと思ったらビタミンCを摂取するなどUVケアが大事。

3.生活習慣を見直す

化粧をしたまま寝る、タバコを吸う…これが当たり前になっている人は要注意。タバコは毛細血管が凝縮され肌代謝が落ちる原因にもなります。シミやくすみにつながるので気をつけて!

 

美意識の高い人は「毎日のスキンケア+美容医療」

10年後もキレイな肌を目指す人は、早い段階から肌のターンオーバーを促すケアを取り入れています。セルフケアとクリニックケアのポイントとは?

〈セルフケアでできること〉

セルフケアの基本は毎日「自分」で継続できることが前提。こすると肌のくすみにつながるので、メイク落としは丁寧にやさしく行い、オールインワンでスキンケアを終わらせないなど、保湿を重視した肌ケアに少しずつシフトチェンジしてください。

〈クリニックケアでできること〉

定期的に肌チェックをすれば、シミの早期発見や予防にもなります。2ヶ月に一度を目安に通うと肌のメンテナンスに。

タカミクリニックでは、シミ治療の「フォトフェイシャル」を行う際は、肌の温度をしっかり測定してくれるので安心。

痛みも少なく、施術後すぐにメイクができるフォトフェイシャルは、どの美容クリニックでも人気があります。

 

10代の頃と変わらないケアをしている人は、この機会にスキンケアの見直しをしてみてはいかがでしょうか。そして10年後もぷるぷるの素肌をキープしてくださいね♪

 

【教えてくれたのは……】

美容皮膚科タカミクリニック 美容皮膚科医 山屋先生
https://www.takamiclinic.or.jp

 

  • text・edit

    Izumi Ogawa

RELATED