bis

bis

Beauty

Beauty / 2017.06.06

眉メークの基本的な疑問。その解決方法とは?

眉メークって簡単なようで難しい!アイテムもいろいろあって使い分けってどうするの?そもそもアイテムは何使うべき?そんな素朴な疑問についてbis担当メークさんに聞きました!

 

眉を描く際に使うアイテムの違いは?

眉頭23まではパウダーで、眉尻まではアイブロウペンシルで、全体的なカラーチェンジは眉マスカラと、使い分けるのがベストです。

 

アイブロウペンシルってどんな時に使う?

パウダーで整えた後、ペンシルでフレームを補うのがオススメです。眉頭から眉山まで密度がある場合は眉尻のみペンシルで描き足して。

 

アイブロウパウダーってどんな人向き?

薄眉の子は必須アイテム。全体にメリハリがない場合にも、自然な眉メークが叶うので◎です。ブロウメークの最初に使うのがベーシック。眉頭の23までブラシで描いて。

 

眉マスカラの役割って?

簡単に髪色に合わせることができ、自然な立体感も出せます。ひと塗りで色を簡単にチェンジでき、垢抜けた印象になります。自眉をブリーチしたカラーリングに抵抗のある子にも。

 

茶系のアイシャドウを眉に使うのってOK

OK!ブラウン系シャドウを使っている子は併用できちゃいます。ただ、パール入りや赤味の強い茶系はNG。マットな茶系、オリーブブラウン、イエローブラウン、ゴールドブラウンは◎です。

 

 どうやって左右対称にするの?

完全に左右対称にするのは非常に難しいです。眉の重要なポイントは、左右対称であることよりもバランス。完成後に鏡でチェックしながらスクリューブラシで整えて微調整をすると自然に馴染みます。

  • photo

    Tomoki Igarashi

  • model

    Minori hagiwara

  • hair & makeup

    madoka

RELATED