bis

bis

Beauty

Beauty / 2018.08.01

その自己処理はキケンかも! アンダーヘアの医療脱毛に通うメリットを調査

夏本番! 海で、プールで、「水着から毛がはみ出ちゃったらどうしよう・・・」、「暑さや汗で蒸れている気がする・・・いっそデリケートゾーンの毛、無くしてしまったほうが楽かも・・・」など、アンダーヘアについて悩んでいるbis読者も多いのでは。
 

そこで、bisでは比較的仕上がりがキレイで半永久的に脱毛ができると言われている、医療レーザー脱毛に注目してリサーチ。医療脱毛専門院『リゼクリニック』新宿院院長、大地まさ代先生に、アンダーヘア=VIOの医療レーザー脱毛についてあらゆる疑問にお答えいただき、メリットを探ります!

 

Q.そもそもVIOってどこのことですか?

「当院で言うVラインは、いわゆるビキニラインで左右の腰骨の上を結んだ線より下から脚の付け根のラインより上部まで、Iラインは女性器の周囲と女性器と肛門の間の部分、Oラインは肛門周りで、肛門を中心に半径2cmの部分です」

 

Q.デリケートゾーンの毛って無くても大丈夫なんですか?

「問題ありません! むしろ、アンダーヘアを処理していないと、蒸れやニオイの原因になったり、清潔に保つのを妨げてしまったりする場合があるので、無いほうが清潔とも言えます。また、カミソリで毛を剃ったり、除毛クリームなどを使ったムダ毛処理をしていると、肌表面の角質層に負担をかけ、カミソリ負けや埋没毛、色素沈着などの肌トラブルに繋がってしまうこともあります。自己処理を長く続けている方は思い切って医療レーザー脱毛を考えてみてください!」

 

Q.エステサロンでのエステ脱毛とクリニックでの医療レーザー脱毛、どう違うんですか?

「脱毛とは、細胞を破壊して毛の生成を止めること。それは医療行為に当たるので、エステサロンで行えるのは厳密には『脱毛』ではなく、毛の発育を抑制する一時的な『除毛』や『減毛』です。医療レーザー脱毛では、パワーの強い医療用のレーザー脱毛機が使用できるので、効果も高く、より少ない回数で脱毛を終わらせることができます。また、クリニックには医師が常駐しているので、万が一トラブルが発生しても迅速に対応できるというメリットがあります」

 

リゼクリニックがVIO脱毛で使用しているマシン、『ジェントルYAG(YAGレーザー脱毛機)』。脱毛に使われる医療レーザー脱毛機の中でも、レーザーが肌の深くまで到達しやすく、濃く根深い毛に対してもしっかりと脱毛効果を発揮するんだとか。また、ガス冷却システム搭載で、照射部分を冷やしながら施術ができるので、痛みと施術時間が大幅に軽減!

 

自己処理の手間やリスクを考えるとメリットが多く、魅力的な医療レーザー脱毛。選択肢のひとつにしてみてください!

 

監修:医療脱毛専門院『リゼクリニック』新宿院院長/大地まさ代先生

 

医療脱毛専門院『リゼクリニック』
全国に18院(2018年7月現在)を展開する医療レーザー脱毛専門院。VIO脱毛のほか、全身の様々な部位の脱毛コースを用意。痛みなどのリスクも伴う医療レーザー脱毛だからこそ、医師やスタッフがしっかりと説明し、丁寧に対応してくれるので安心です。

  • text・edit

    bis

RELATED